島の魅力

島の魅力(空き家対策)

10月末に、生まれ故郷の島(丸亀市広島)に渡ってきた。

今年に入って2回目(10月に2回)である。

前回(10月初め)は、一年ぶりに島に帰り、気になっている「空き家対策」を行った。

家の掃除と屋敷まわりの草刈りだ。

その時、庭の草木はある程度伐採できたが、石垣の方は半分程度。

季節外れの暖かさで汗だくになり、ヘトヘトになったので、途中から、島一周のドライブに変更したのだ。

それはそれで、幼少時代を懐かしく思い出し、美味しい弁当を食べて大満足であった。

その時の様子については、下記👇をご覧いただければ幸いです。

今回の島帰りは、残った石垣の草木の伐採

ただ、それだけではつまらないので、およそ20年ぶりに「釣り」をしようと、納屋から釣り道具を引っ張り出して持って行った。

島に渡る前に釣具屋に立ち寄り、「カレイ」を釣ろうと「ホンムシ」と「ゴカイ」を購入した。

そうしてフェリーに乗り、「いざ島へ」。

正面が広島(船上)

広島に到着し、幼少時代を過ごした我が家(現在空き家)へ。

家の石垣は、草木が伸び放題になっている。

10月初めに撮影

見ただけで、ゾットする。

これをやっつけるには相当な時間を要し、「釣り」ができるのかと心配になる。

同上

そんなことを考えていても、何も始まらない。

やるだけだ!

持ってきた剪定バサミとノコギリ、それにカマを交互に使って作業を続ける。

途中、お婆さんおっちゃんに会った。

「〇〇さん?」と声をかけてくる。

挨拶に加えて、「空き家対策をしていないと面倒なんで」と言うと、いろいろと島の現状を語ってくれた。

お婆さんの方は、近所の「〇〇さん」で、正直名乗られるまで分からなかった。

おそらく80歳は超えていると思うが、険しい山道(?)を上り下りして「畑仕事」をしている途中に声をかけられた。

昔話に花が咲いたが、「近所の人はみんな本土に出て行った」と寂しそうに話していた。

島だと、「一日誰とも会話をすることがない」というのが普通なのかもしれない。

顔も見たくない奴と話をするのと、どちらがいいのだろう?

ストレスを溜めるよりは、孤独でも自由の方がいいか⁉

おっちゃんの方も、これまた名乗られるまで分からなかった。

それもそうだろう。

中学を卒業したら、ほとんどの者が本土に出て行くのだから。

それから、40年近くの月日が流れている。

中学卒業以来、一度も会っていない同級生もいるが、おそらくどこかで会っても分からないだろう。

このおっちゃんは、採石場の石をトラックに積んで運んでいた。

広島は、「青木石」という墓石を採掘する石材業で栄えた島であるが、現在は資源(石)に限りもあって衰退している。

そんな中で、今も石材業を営んでいるようだ。

おっちゃんいわく、島は「お婆さんばかり」になっているそうだ。

やはり、女性の方が長生きしている。

そのお婆さんたちも、身体を壊せばその子息が本土に引き寄せて、世話をしているらしい。

何十年も住み慣れた島から離れ、本土で暮らすというのは、どんな気持ちなんだろう?

交通機関や医療の面で、都会になるほど便利で安心だから、「年を取ったら田舎でのんびり暮らしたい」と言うのは、個人的には違うと思う。

ただ、お勧め漫画でご紹介した「Dr.コトー診療所」のコトー先生のような名医が居てくれれば、島の生活も悪くはないはずだ。

草刈りの途中でお婆さんとおっちゃんとのお喋りタイムが入り、適度な休憩を取りながら「草木との格闘」を約2時間。

石垣の全貌が見えてきた。

格闘後の石垣の状況

しかし、この石の間から伸びてくる「草木の生命力」には感心する。

同時に、40年も前に「この辺ぴな島」で石垣を築いたという事実も、改めて凄いなと思う。

大昔のお城もそうであるが、現代のような立派な資機材がなかった時代に、石垣を築くこの頭脳と技術は天才的である。

この日も秋晴れの暖かい日で汗だくになり、これまた運動不足で「息が切れる」。

「釣り」をする余力残しと、贅沢なお弁当タイムが待っているので、今回の「空き家対策」はこれで終了。

まだまだ草木が残っている

お腹がすいたので、前回見つけた景色のいい休憩所へ。

休憩所

まだ、「紅葉」はしていない。

それにしても、労働のあとに「ベタ凪の海」を見ながら、絶品の手作り弁当を食べるのは最高である。

おにぎり

卵焼き、唐揚げ、サワラの煮付け、ホタテ

前回も言ったが、ここで手作り弁当を食べるのは、三ツ星レストンで食べるより美味しいはずだ。

絶品のお弁当を完食!

気持ちよくなったので、お昼寝タイムとする。

今回、島に渡ったもう一つのメインである「釣り」については、後日報告いたします。

おやすみなさい💤

-島の魅力

© 2022 らいあんの独り言