島の魅力 開運

空き家の断捨離

1か月ぶりに、生まれ故郷の島(丸亀市広島町)に渡った。

瀬戸大橋(船上から)

今回の目的は、空き家周辺の草刈り断捨離

特に、草刈りがメインである。

なぜなら、先月断捨離のために帰ったところ、近所の人から草木に関する苦情を言われたからだ。

助っ人3人で1日断捨離する予定であったが、草木の掃除に半日とられ、断捨離はあまりはかどらなかった。

そういうわけで、今回も断捨離の前に草刈りをしなければならないというわけだ。

昨今、全国的に「空き家対策」が問題となっている。

それは、地方の田舎ほど自然と身近なだけに、家そのものより草木等の管理が大変になる。

倒壊等の恐れがなくても、草木が生い茂ると、近所の人が市役所に苦情を言い、伝書鳩の職員が「対策するよう」執拗に電話をかけてくる。

もちろん、相手の立場に立てば、きちんと管理すべきことであるのだが。

一方、断捨離の方も早めにしておいた方がいい。

ご承知のとおり、ブラウン管テレビや冷蔵庫等は、処分に結構なお金がかかる。

それに、歳を取るにつれ、体力的にもきつくなる。

また、運良く空き家が売れるとなると、「家の中の物は処分してください」と言われる。

何人かの知り合いが、「家が売れるのはいいが、中の物を処分するのが大変だった」と言っていた。

(空き家を)売るにしろ、解体するにしろ、中の物は早めに処分しておいた方がいいと言うことだ。

私が所有する空き家は、売れそうにないが、いずれにしても家の中の物は処分しなければならない。

空き家の断捨離運気アップの効果があるかどうかはわからないが、そちらにも期待して断捨離を始めたわけである。

「早く処分してくれ」と急かされているわけではないので気は楽だ。

ただ、いざ断捨離を始めると、物の多さに愕然とする。

学生時代のワンルームというわけにはいかない。

なかなか手強そうだ。

それなのに、草刈りをしなければならない…。

今回も同級生と島に住んでいる先輩を助っ人に、草刈りと(少しだけ)断捨離をした。

フェリーで島に渡り、空き家に着いた時には、早くも先輩が草刈りをかなりやってくれていた(感謝)。

石垣の草木はそのまま

草刈りは、草刈り機で刈るのも大変だが、それを集めるのがもっと大変。

途中、雨に降られながら草木を集めた。

「都会育ち」ではないのに、30分もすればゼーゼー言う。

熱中症に注意が必要だ。

一人だけ多く休憩を取りながら、助っ人のおかげで、草刈りはある程度できた。

草枯らしを撒いたので、しばらくは大丈夫(?)だろう。

もうひとつの目的の断捨離の方は、少しだけ。

暑すぎて、気力・体力が続かない。

何とか「タンスの中の物」は処分できたので良しとしよう。

断捨離で運気が上がると言われるが、処分した量だけではなく、その過程(苦労)も「評価」してもらえないだろうか(笑)

仕事ならば、過程は関係なく成果のみで評価される。

苦労や潜在実績は、全く関係ないというわけだ。

そうなると、「おいしい仕事」しかしなくなるのが人間というものである。

雑用や生産性のないものは、いくら苦労して頑張っても評価に値しない。

だから、遅刻しても成果を上げればいいというような者も現れる。

断捨離の場合は、そうならないことを願う(笑)

目に見えない力が働くことに、大いに期待しよう。

さて、草刈りと(少しの)断捨離を終えてフェリー乗り場へ。

ぼんやりと景色を眺めていると。

釣り人

釣り人が見える。

渡し船で釣りに来ているのだろう。

断捨離と草刈りも大切なことだが、釣りと海水浴も島の魅力❗

たまには、思いっきり「島で遊ぶ」のいいな❗

-島の魅力, 開運

© 2022 らいあんの独り言