ゴルフ

料金設定がおかしいゴルフ練習場

久しぶりにゴルフの打ちっぱなしに行ってきた。

ゴルフ練習場⛳

私が「100切り」できないのは、アプローチパターが「下手すぎる」のが大きな要因であることはわかっている。

そのため、時間と気力があれば、庭でアプローチの練習パターマットでパターの練習をしている。

とは言っても、やっぱり練習場でドライバーアイアンを打たないと上手くなるはずがない。

私が行っているゴルフ練習場は、

1時間打ち放題で1,300円

2時間打ち放題で1,500円

何やねん!このおかしな料金設定。

半額とは言わないけれど、せめて1時間1,000円が妥当でしょ。

ここでひとつ問題です。

800円2,500円のランチメニューがありますが、2,500円のランチの注文を増やす方法は?

答えは、「5,000円」のランチを用意する

なるほど、誰かをランチに誘った時などは、なかなか800円のランチは注文しづらい。

一人で行ったとしても、他のお客さんがいる中で800円の方は注文しづらい。

そこに5,000円のランチがあれば2,500円が妥当だと思えるし、体裁も保たれ、周りの目を気にすることなく食事ができる。

ここの練習場も、そんな心理作戦で料金設定しているのか分からないが「貧乏性」「見栄っ張り」は、色んな場面で損をする。

「○○放題」というのも、これまた貧乏性の性格が邪魔をする。

「食べ放題」だと、美味しく味わうことを忘れて「元を取ること」が目的になってしまう。

腹ペコのときには、それでもいいのだが。

紳士服のスーツもそうだ。

「二着目は半額」という謳い文句に踊らされ、安物のスーツを二着買ったことが何度もある。

それだけの金額を出せば、上質なスーツが一着買えるのに。

儲けるための戦略というか知恵というか、それを生み出すことは素晴らしい。

反対に、それにまんまと引っかからない知恵も必要だ。

とは言っても、同じ庶民の間での駆け引き。

コロナ禍で、本来の目的である「国民の命を守る」ことはそっちのけで、利権と特需で大儲けしている者たちと比べればかわいいものだ。

多くの人が苦しんでいるときに、金儲けしたり煽ったり騙したりする奴らは、くたばってしまえ!

ゴルフ練習場の料金設定で話が脱線してしまった。

ここの練習場では、これまで200円多く出せば1時間多く練習できるので、毎回2時間コースで練習していた。

よくよく考えてみると、夏場の2時間は汗だくになるし、体力も続かずフラフラになる。

最初は上手く打てていたのに、後半には足もフラフラになり、スイングも崩れて思うように打てない。

何より、貧乏性が災いして「たくさん球を打つ」ことが目的になっている。

当然のごとく、集中力が途切れて闇雲に球を打つだけで、無駄な時間と労力を消費している。

それで、今回は1時間集中して練習することに。

ドライバーとユーティリティ(25度)と7番アイアン。

1W・ユーティリティ・7番アイアン

この3本は極めないと!

前にも言ったが、このM2ユーティリティ(25度)は名器である。

М2は名器!

180〜190ヤード、ちょうど丘(?)の下段に突き刺さる。

ドライバーは、ネットの柱にある250の看板が目標。

目指せ250ヤード!

さすがに250ヤードまでは飛んでいないが、スライスすることもなくいい感じだ。

練習時間を1時間にしたことで、休むことなく集中して打てた。

秋の風が涼しいのに汗が出る。

1時間で十分だ。

真夏に2時間も打っていたことがバカに思える。

料金設定のマジックと貧乏性の性格で、本来の目的を見失っていた。

長い時間練習することが悪いわけではないが、「何時間練習すること」が目的になったり、集中力を欠いた練習をするのはもったいない。

今回は「1時間150球」、集中していい練習ができた。

これで「仕上がった」

次回のゴルフラウンド⛳では100を切る

読者の皆さん、くれぐれも料金設定のマジックに惑わされて損をしませんように!

-ゴルフ

© 2022 らいあんの独り言