ゴルフ 趣味編

ゴルフは奥が深い⛳

ゴルフ練習場

来週は、ゴルフラウンド⛳が2回入っているので練習だ。

今年は「100切り」を達成し、ベストスコアも十数年ぶりに更新(89)したので、練習にもやりがいがある。

と言いたいところであるが、先月宮崎県の名門フェニックスカントリークラブトム・ワトソンゴルフカントリーを回った時は、どちらも「100ちょっと」叩いてしまった。

フェニックスカントリークラブ

これについては、こんな名門コースで初めてラウンド⛳できたので、良しである。

ゴルフをやっている人なら、一度はラウンド⛳したいコースなのだから❕

とは言っても、その後地元のゴルフ場で回った時にも「100ちょっと」叩いてしまった。

これはちょっといただけない。

高松グランドカントリー

名門コースと同じ位のスコアと言うのは、要は「上手くなっていない」と言うことだ。

「振り出しに戻った」と言ってもいいかもしれない。

競走馬で例えるなら、相手が強くてもそうでなくても善戦するが、「馬券圏内には来ない」と言うものだ。

優勝できないのだから、実力が足りないと言うことである。

例年よりラウンド⛳回数も増え、練習量も増えているのに、これではちょっと情けない。

私の腕前で「スランプ」というのはおこがましいが、スランプである(笑)

練習場でたまに会う上級者の指導や、YouTubeの見すぎで、スイング等に迷いが生じているのかもしれない。

これまでは趣味の一貫として、気楽にやっていたが、ベストスコアが出ると「欲が出てくる」ものである。

「欲」を持つことは必要であるが、「強欲」になると何事もマイナスになる。

さて、何気なく使っているクラブをまじまじと見てみると!

ドライバー、クリーク(5W)、ユーティリティ、アイアン、パターに至るまでゴルフメーカーはバラバラ(笑)

「弘法大師は筆を選ばず」と言われるが、私のゴルフの腕前で使える言葉ではない(笑)

まぁ、こんな感じでゴルフをやっているのだから、スコアもこんなものだろう。

アマでも上手い人は、クラブのメーカーから始まり、シャフト(棒状の部分)やヘッドの固さ、重さなどをセッティングしている。

それくらいやらないと、上手くはならないのか!?

コース⛳、道具(クラブ)、技術、精神面、ポテンシャルなど、ゴルフは奥が深い

まぁ、深く考えずに、次回ラウンド⛳では謙虚に「100切り」を目指そう🏌️

-ゴルフ, 趣味編

© 2022 らいあんの独り言