仕事編

自民党総裁選の行方

自民党総裁選がいよいよ迫ってきた(29日投開票)。

投票権がないので、それほど真剣に考えることでもないが、これだけニュースで報道されると少しは気になる。

誰が総裁選に勝利し、日本国の首相としてリーダーシップを発揮してくれるのか。

正直なところ、総裁選に出馬している4人の功績はわからない。

国民のために何をしてきたのか?

わかるのは、国務大臣になった経歴くらいである。

党員なら身近で人となり功績を見ているので、党員調査による支持動向は、ある程度説得力がある。

世論調査はどうだろう?

何をもって支持しているのか?

見た目?

発言?

雰囲気?

キャリア?

メディアに出たときの発言や雰囲気で、なんとなく想像しているのかもしれない。

私も4人を見たことはあっても、話したことはないので何もわからないが、雰囲気で想像してみた。

あくまで個人的見解であるが、出馬している4人の部下だったら。

河野太郎氏

新たなことにチャレンジして改革も進む

初めて取り組む仕事が増え、多忙を極めることになりそうだがやり甲斐はある。

トロトロしていたら激怒されそう。

岸田文雄氏

誠実に仕事を進め諸外国とも上手くやれる

愚直にやることをやっていれば、普通に評価してくれそう。

不真面目な人は無視されるかも。

高市早苗氏

重鎮(国会議員)と相談しながら仕事が進む

エリート以外は、ぞんざいな扱いを受けそう。

会合や交流会などが増えて振り回されそうな気がする。

野田聖子氏

弱者の手助けとなる仕事が進む

弱者に寄り添う仕事が増え、それに比例して残業も増えそう。

職場では、不遇な人に目を向け、要領がいいだけの怠け者には厳しくなりそう。

あくまで、4人の人相や発言を見て想像したもので他意はない。

人(私)の想像力なんてこの程度。

やはり、人気のファクターは「見た目が一番」なのかもしれない。

ただ、部下になることはないが、直接自分が関わるとしたら「見た目」だけで安易に選ぶことはしないだろう。

総裁選は国民生活に直結することになるから、もっと関心を持つ必要があるが、メジャーリーグの大谷選手を見るほうが数段いい。

それでも、総裁選の結果によっては「仕事に多大な影響が出る人」もいるだろう。

「この人がなったらヤバい」と戦々恐々としている人もいるかもしれない。

ほとんど他人事であるが、総裁選の行方には注目している。

投票権のない私は、コロナの終息と世界平和を祈念する。

-仕事編

© 2022 らいあんの独り言