競馬

菊花賞は「最も強い馬が勝つ」

今週は、クラシック三冠のラストを飾る菊花賞だ。

前週の秋華賞は、本命にしたアカイトリノムスメが優勝!

歴代秋華賞馬は超一流馬がずらり

断然一番人気のソダシが飛んだので、美味しい馬券であった。

歴史に学ぶではないが、三冠レースは

皐月賞は「最も速い馬が勝つ」

ダービーは「最も運のある馬が勝つ」

菊花賞は「最も強い馬が勝つ」

と言われている。

ただ、今回もそうであるが、皐月賞馬やダービー馬が距離(3000mの長距離)を嫌って回避することが多い。

昨年のコントレイルや、ディープインパクト、オルフェーヴルのような三冠馬になるほどの馬でなければ、菊花賞を回避したり、出走しても凡走している。

そのため、この菊花賞天皇賞(春)の伝統レースも、毎年出走メンバーがさびしい限りで、レース自体の盛り上がりに欠けている。

やはり、日本ダービー天皇賞(秋)、もっと言えば、凱旋門賞を見据えた中距離の最強馬を生み出すことが、最重点となっているのは明らかである。

そういうことで、前述した「菊花賞は最も強い馬が勝つ」というのが当てはまらなくなりつつある。

実際、三冠馬でもない限り、菊花賞馬でその後も活躍して年度代表馬になるような馬も見当たらない。

菊花賞に出ていない牝馬の方が活躍している時代だ。

ジェンティルドンナアーモンドアイリスグラシュークロノジェネシス(現役)しかり。

今年は、その牝馬(ディヴァインラヴ)の参戦もあるが、桜花賞やオークスで活躍した馬ではない(今回は消し)。

菊花賞と言えば、トライアルレースの神戸新聞杯組が超王道である。

他のGⅠレースでは、ぶっつけ本番で結果を残すのが最近の流行りであるが、やはり長距離レースなのでひと叩きしている方がいいだろう。

そうなると本命は、その神戸新聞杯を制し、皐月賞とダービー3着の

ステラヴェローチェ

ということになる。

今回のメンバー構成から、押し出されての「本命」であることは否めないが、 ステラヴェローチェ が馬券圏内(3着以内)を外すことは考えられない。

問題は「相手探し」

トライアルの神戸新聞杯2着のレッドジェネシスは…。

冠馬の「レッド」「ダノン」は、GⅡまでなら買えるのだか…。

GⅠで軸にして痛い目にあったことが何度もある。

長距離レースは「ジョッキー(騎手)」の腕も重要なファクターになる。

あとは、長距離でこそ力を発揮できるステイヤー血統。

あらゆるスポーツでも仕事でも、「花形のポジションの者」だけがチヤホヤされるのはおもしろくもなんともない。

それぞれ置かれた場所で頑張っているのだから、生粋のステイヤーを見付けて応援するのもアリだ。

そうなると、血統的には、菊花賞馬を父に持つ馬か。

う〜ん、ピンとくる馬がいない。

メンバーが寂しいので、なかなか相手も決まらないが、アリーヴォやグラティアスも狙ってみたい。

菊花賞をゲットして天皇賞(秋)に繋げよう!

菊花賞は、やっぱり京都競馬場がいいですよね。

テレビ観戦で「馬券をゲット」して、天皇賞(秋)に繋げましょう!

グッドラック!

-競馬

© 2021 らいあんの独り言