仕事編

仕事で損する人!

仕事で「自分は損をしている」と感じていませんか?

軽く笑い飛ばせる人はいいですが、理不尽なことに怒りやストレスを感じている人もいるはずです。

自意識過剰で「損をしている」と勘違いしている人もいますが、そういう人は放っておきましょう。

会社や皆のことを考えて、愚直に仕事をしているのに損をしている人の話ですから。

仕事で損をしている人、おもしろくないですよね…。

私のこれまでの経験で、「仕事で損をしている人の特徴」厳選して3つ挙げてみました。

仕事で損をする人の特徴

1 自分しか信用できない人

2 人がいい人

3 仕事がデキすぎる人

その他にも、「短気な人」、「おとなしい人」、「仕事が一番と思っている人」などは、仕事で損をしています。

それでも、経験上、上記3つの特徴の人は気の毒なほどに損をしています。

どのように損をしているか見てみましょう。

自分しか信用できない人

自分しか信用できない人に限って、常に完璧を求めます。

部下の提出した決裁書類は、隅々まで目を通さないと気が済まない。

自分の「ものさし」で、同僚や部下に結果を求めます。

部下の仕事ぶりが気に入らないと、「部下に仕事を任せられない」ようになります。

その結果、自分の仕事量が増え、残業も多くなります。

当然のごとく、周りから嫌われます。

完璧に仕事をしているにも関わらず、全く人気はありません

それにより、ストレスがたまり心身ともに疲弊します。

まさに、負のスパイルに陥っています。

対処法

こういう人は、同僚や部下には嫌われますが、反対に上司に気に入られることがあります。

「昇進することが一番」という人は、そのまま突っ走ってもいいでしょう。

でも、その分「犠牲」にするものも多いはずです。

時間、健康、家族などの犠牲に加えて「人望がなくなる」ことも。

でも、周りをよく見てください。

そこまでやらなくても、トップに立っている人がいます。

若いうちから常にトップを走っていても、終着点は変わりません。

職場では、なれるものまでしか、なれないのですから。

多くの犠牲を払って、損をすることはありません。

同僚や部下の成長のためにも、仕事は任せましょう。

周りを信じることも大切です。

確かに、いい加減な仕事をする者には、腹も立ちますが…。

自分ひとりプレッシャーを感じず、仲間を信じる心の余裕を持ちましょう。

人がいい人

仕事で一番損をする人です。

こういう人は、「目配り・気配り・心配り」ができるので、常に皆のことを考えて行動します。

掃除や雑用も含めて…。

「人がいい人」、こんな経験はありませんか?

  • 同僚や部下が仕事をしていたら、終わるまで仕事に付き合う
  • 周りの人の仕事を手伝う
  • みんなが嫌がる仕事を任される
  • 失敗は自分がかぶり、成果は他人に譲る
  • 人事(異動)の希望は言わない

「いい人」は、こんなことの繰り返しです。

要領のいいヤツは、「言いたい放題言って」厚遇を受けているというのに…。

対処法

こういう人を見ると、救いの手を差し伸べたくなります。

仕事で一番損をしていますから。

会社のため、皆のためにやっているのに、評価には繋がりません。

周りから感謝されることもありません。

逆に「仕事がないんだ」「暇なんだ」と思われる始末です。

もちろん、そう思う奴らが「クズ」なんですが…。

仕事は「自分のことだけ」やりましょう。

気を使うのは「ほどほど」にして、空気を読みケースバイケースで行動することです。

そして、自分に一番優しくなりましょう。

仕事がデキすぎる人

仕事がデキすぎる人は、とにかく仕事を任されます。

デキすぎる人なので、何でもスピーディに片付けますが、そうすると次から次へと仕事が回ってきます。

俗に言うオイシイ仕事ならいいのですが、面倒なものや誰もがやりたくない仕事までも…。

それにプラスして、無能な部下(上司もある)を押し付けられることもあります。

「テコ入れ」と称して、業績低調な部署へ異動させられることも…。

それでも、仕事がデキすぎる人なのでなんとかします。

ただ、それだけやったとしても、処遇面は周りと変わりません。

「いいように使われているだけ」なのです。

周りから羨望の眼差しで見られリスペクトされますが、反面、無能な上司からは嫉妬されます。

対処法

仕事で成果を上げ、それに比例にして評価を受け、昇進等処遇面で厚遇されれば報われます。

でも、仕事がデキすぎる人に、いい思いをしている人はいません。

こき使われたあげく、無能な上司からは嫉妬されます。

嫉妬の次には「脅威」を抱かれます。

無能な上司は、「仕事がしんどくなる」「自分の無能さがさらけ出される」という脅威を抱くのです。

無能な上司ほど、「自分が一番になりたい」「レベルの下の者と仕事をするのが楽だ」と思っているのです。

一人飛び抜けてデキると、嫉妬され、脅威を抱かせてしまうのです。

「周りはバカばっかり」と思っている人いませんか?

そういう人こそ、周りのレベルに合わせましょう。

そうすれば、仕事も楽になります。

心にゆとりも出て、ストレスも感じなくなります。

【マラソン期間中全品ポイント2倍】tシャツ 俺流 魂心Tシャツ 適当に働いて、真剣に遊ぶ【文字Tシャツ プレゼント ふざけtシャツ 面白いtシャツ メッセージtシャツ バックプリント 文字入り ネタ おもしろ雑貨 仕事系】

価格:2,480円
(2021/8/8 10:39時点)
感想(17件)

それで仕事が物足りなくなるのなら、自分の能力を信じて「天職」を探すのもいいかもしれません。

仕事で損をしないように!

損をする人がいれば得をする人がいます。

わかってくれる上司がいないと報われることはありません。

仕事は、「良い加減」にやりましょう!

-仕事編

© 2022 らいあんの独り言