日常 花・観葉植物 雑記

断捨離と多肉植物

猛暑である。

先日、島にある空き家の草刈りと断捨離をしたが、少し筋肉痛とダルさが残っている。

甘い物も食べたいと思わないので、夏バテかもしれない。

この空き家対策に関してであるが、タレントの松本明子さんが「空き家を売却した」という話をしていた。

松本さんは、同じうどん県(香川県)出身である。

空き家バンクに登録し、640万円で売れたそうである。

それでも、高松市の実家を空き家にしてから25年間の管理費は1800万円。

固定資産税、維持費、光熱費(基本料金等)、リフォーム代、草刈り等(シルバー人材センター)等の費用がかかったそうだ。

売却のために、家の中の物を整理(処分)するのも苦労したと語っていた。

実家から東京の住まいまで、段ボール箱に詰めて車で運んだこともあったそうだ。

着物や本は、知り合いに譲ったそうである。

空き家の断捨離をしていると、想い出の詰まった品物は、捨てる(断捨離)のに勇気がいるものだ。

今後使うか使わないかで迷う物は捨てて、持っていて「ワクワク」するような気分がいい物だけ残した方が良いと思う。

空き家をお持ちの方は、若くて体力があるうちに家の中の物を整理(断捨離)することをお勧めする。

気にはなっていても、なかなかできないものであるが。

さて、昨日の草刈りと断捨離で夏バテ気味なので、自宅の庭や裏山の草刈りはおやすみ。

家の中でちょっと動くと汗だくになるので、屋外で動きまわるのは厳禁だ。

さすがに、近所の人の草刈り機の音も聞こえてこない。

朝の早い時間や夕方以降でも、この暑さの中ではやらないことが懸命である。

本当に、熱中症には気を付けなければならない。

草刈りはおやすみしたが、庭を眺めていると多肉植物の「朧月」が気になった。

朧月

花びらのような葉っぱを付けて、「王様」のような威厳を醸し出している朧月であるが…。

水やりも含めてほとんど手入れをしていないのに、どんどん成長して春には花も咲かせてくれた。

春に撮影

そんな健気でたくましい朧月であるが、茎が伸びすぎて、その重さで葉っぱが地面についている。

そのせいで、葉っぱも落ちてしまった。

これでは、あまりにもかわいそうだ。

ということで、植え替えるすることに。

植え替え

植木鉢を2つ追加し、落ちた葉っぱは「葉挿し」してみた。

葉挿し

これがうまくいって、増えてくれればいいのだが。

植え替えで、ちょっと微妙(?)なものもあるが、何事もチャレンジだ。

多肉植物は、手間がかからないのに癒しや活力を与えてくれる

観葉植物と同じく、気分も良くしてくれる。

感謝の心を持って育てよう!

-日常, 花・観葉植物, 雑記

© 2022 らいあんの独り言