ゴルフ 趣味編 開運

断捨離とゴルフクラブ

ゴルフ⛳はおもしろい。

高松カントリー

なかなか上手くならないのがゴルフに「ハマる」理由か!?

ゲームなら完全制覇すればそれまで。

目標達成できない時は諦めて、どちらにしてもThe Endになる。

その点、ゴルフは「100の壁」をクリアすれば次は80代を目指すなど、エンドレスで楽しめる。

高松グランドカントリー

簡単に達成できないものに、苦労しながらクリアしていくのがゴルフの醍醐味である。

さて、そのゴルフであるが、腕は棚に置いて「道具のせい」にしてしまうのがゴルフ「あるある」である。

「曲がらない」「よく飛ぶ」といった新製品が出たら、勢いで買ってしまうこともよくある話。

また、見栄ではないが、カートに積んだゴルフバッグの中身を(友人に)見られるので、あまりに古いクラブもちょっと恥ずかしい。

そんなこんなで、ゴルフクラブはネットショップも含めてかなり買っている。

参考までに、ゴルフラウンド⛳する時は、パターを入れて14本まで。

必然と、家の中や納屋にゴルフクラブが置かれている。

家の中
納屋の中

ゴルフショップでは、「中古クラブを下取りする」というが、あまりに古い物は下取り価格ゼロ

「下取りするってと言ったやん!」と口に出さずとも、しっかりと顔に出てしまう。

それを察してか、「買った商品を値引きさせてもらいます」という決めゼリフ(?)。

持ち込んだクラブは関係なく、元々値引きできる範囲だろう(と思う)。

結局のところ、店はそのクラブをどうにでもしてお金(儲け)にする。

まあ、今や捨てる物にもお金がかかる時代だから、その分「得をした」と思えばいいだけのことだ。

ただ、店に持ち込んだら、毎回「何か」を買ってしまう。

当然ながら、無理に買う必要もない品物だ。

と言うわけで、店に持ち込むより、友人に譲った方がいい。

相手によっては、感謝される。

新しく買ったものの全く合わず、数万円のクラブを3000円で譲って感謝されたこともある。

中には、それを倍以上で誰かに売り付ける強者もいるが(笑)

昨今、このような商売方式は流行りでもあるので、なかなかセンスのある奴だと思える(笑)

「ただ」で譲った場合は、相手のゴルフ熱にもよるが、練習にも行かずホコリを被ったままにされることが多い。

だから、熱心にゴルフをする人に安く譲るのが一番かなと思う。

さて、こんなゴルフライフを楽しんでいると、冒頭で述べたとおり、ゴルフクラブがそこらじゅうに溢れることになる。

断捨離の時に、毎回「これはどうしようか?」と迷うものだ。

実際のところ、まだまだ使えるクラブもあれば、誰にも譲ることができない古いクラブもある。

古いクラブであっても、庭先で素振りをしたり、アプローチの練習をしたりする時には重宝する。

全く使わない物ではないから、断捨離の時に躊躇するのだ。

それでも、十分に「場をとっている」

ゴルフバッグもラウンドに持っていくことはないが、これを捨てると逆にクラブを収納するのに困る。

やっぱり、これは置いておこう。

そうやって、断捨離の後回しになるのがゴルフクラブである。

まあ、頻度は少ないにしても、使っているのだから不要品ではない。

ゴルフクラブ以外の何年も使っていない物を断捨離するとしよう。

-ゴルフ, 趣味編, 開運

© 2022 らいあんの独り言