競馬

今度こそ有馬記念の軍資金を!

先週の阪神ジュベナイルフィリーズは、本命にしたナミュールが大きく出遅れて、発走直後に「終わった」と思った。

最後は追い上げて、4着まで来たのだが馬券圏外

この馬を除いた馬券は、一切買っていなかったので完敗である。

競馬は、出遅れたり、不利があったり、ジョッキーが下手に乗ったとしても、馬券を買った者には返還がない。

文句の一つも言いたいところであるが、逆にそれがあったから大穴が獲れたということもあるので仕方がない。

それでも、一番人気の馬がベストパフォーマンスできずに馬券圏外になるのは、あまりも残念である。

さて、気を取り直して,今週のGⅠ朝日杯フューチュリティステークス有馬記念の軍資金をゲットしよう。

前回も言ったことであるが、「連勝中の馬は負けるまで買え」と言うことで、3連勝中のセリフォスを本命にする。

無敗で3連勝することも凄いことであるが、3勝それぞれ違う競馬場のレースで勝ったということは、適応力抜群ということで信頼できる。

人間でもそうであるが、「ここでは力を発揮できない」「この分野以外はできない」等と泣き言をいう奴は信頼できない。

問題は相手さがし

先週は2着に穴が突っ込んできたが、今回は連勝中の馬で期待できそうな馬が数頭いる。

目下無敗で2連勝中

ダノンスコーピオン、ドウデュース、ドーブネ、ジオグリフ

のいずれかが、相手に来るだろう。

ここで外せば、それも取り返そうと有馬記念に突っ込むのがギャンブラーの性。

ここで軍資金を稼げば、心に余裕を持って有馬記念に臨める。

「勝負はやる前からついている」と言う言葉があるが、今週勝つことは有馬記念を楽しむための絶対条件だ。

今週勝って、有馬記念を多いに楽しみたいと思う。

その有馬記念では、現在グランプリを三連覇中(宝塚記念、有馬記念、宝塚記念)のクロノジェネシス(牝馬6歳)が出走する。

このレースが彼女のラストランだ。

今年は、グランアレグリアコントレイルなどの名馬が、引退レースを有終の美で飾っている。

強い3歳世代のエフフォーリアタイトルフォルダーが出てくる中、クロノジェネシスが有終の美を飾れるのか、今から楽しみである。

今年現役で走った古馬(4歳以上)の超一流馬がターフを去っていくのは寂しいものであるが、その分、今回の2歳GⅠで新たなスターホースが誕生することを期待したい。

-競馬

© 2022 らいあんの独り言