競馬 趣味編 開運

断捨離と競馬

断捨離をしていると、運気アップが期待できる!

運気アップというと、最初に頭に浮かぶのは「金運」ではないだろうか?!

その金運であるが、宝くじや競馬等のギャンブルで勝つというのはどうなんだろう?

断捨離を始めて日が浅いので何とも言えないが、経験上、競馬では当たっていない(笑)

おそらく、違う形で臨時収入があるのだろう。

いや、きっとあるはずだ!

その競馬であるが、春のG1シリーズも来週の宝塚記念を残すのみとなった。

桜花賞から始まったG1シリーズでは、結果は惨敗。

軸馬が馬券圏内(3着以内)に入れずにカスリもしなかったレースもあれば、軸馬は当たっているのに相手が違ったといったものばかり。

なにしろ、1人気の馬が一度も勝っていないのだから、仕方がないと言えば仕方がないのだが…。

競馬で「ぼろ負けしない鉄則」で、

メインレースで負けたときに、熱くなって最終レースで大きく勝負する

ということはやっていない。

Kindle本にも書いたが、これは「競馬でやってはいけない行動」の中でも上位に入る。

「今日中に負けを取り返す」という性格から、この対策として、メインレースの前に最終レースを買っている。

そうしておけば、メインレースで負けて熱くなっても、短時間で最終レースを予想して大勝負することもない。

これが奏効して、G1レースに負けても、さらに大勝負してぼろ負けするということはなかった。

それに、事前に買っていた最終レースで取り返したこともある。

それで何とか、春競馬はプラス収支で乗り切った。

さて、競馬はサマーシリーズに突入した。

春と違って、3歳馬のクラシックに向けた「権利取り」「叩き台」というものはない。

だから、出てくるレースは「どの馬も本番(本気)」であると考えていい。

それは分かっているのだが、名前を聞いたことがない馬もちらほら…。

土曜日のメインレースの予想をしようと思っても、「これだ!」と思う馬が見当たらない。

と言うわけで、本日は日曜日に東京競馬場で行われる「ユニコーンステークス」の予想をする。

(明日は「マーメイドステークス」の予想をします)

こちらも、聞いたことがない馬もいれば、芝からダートに転向(?)した馬もいる。

難しいことに変わりはない。

それでも、ここはリメイクで大丈夫だろう。

1勝クラスを勝って、オープンを2連勝、目下3連勝中である。

3歳馬だけに、今後のダート界を背負っていけるか楽しみだ。

相手は?

芝のG1「NHKマイル」に出走したインダストリアタイセイディバイン

特に、そのNHKマイルで2番人気(結果5着)になった逸材であるインダストリア

ソダシのように二刀流で活躍する馬もいるので、走ってもおかしくはないが…。

それでも、ソダシは阪神ジュベナイルフィリーズ、桜花賞、ビクトリアマイルを勝ったG1ホース

格が違う。

そういうわけで、インダストリアは少しだけおさえる程度。

相手に買うなら、ハセドンジュタローの方がいいだろう。

ここのところ、断捨離を精力的にやっている。

冒頭で述べた通り、ギャンブルに勝つという効果は不明であるが、運試しに本日の阪神メインレース「米子ステークス」を買ってみよう(笑)

ヴァリアメンテエイシンチラー

この二頭で勝負だ。

ギャンブル運が上がるかどうかは不明であるが、断捨離トイレ掃除は継続してやると決めている。

(競馬で当たれば報告します)

間違いなく、気分は良くなるから!

皆さま、グッドラック!

-競馬, 趣味編, 開運

© 2022 らいあんの独り言