庭・畑づくり 開運 雑記

感動を覚えるために!

暑い!

猛暑が続くと、屋内外を問わず遊ぶことすらしたくなくなる。

それでも、「暑い!暑い!」と文句を言ったり、嫌な顔をしてはいけない。

この暑さがあるから、秋の涼しさが心地よくなる。

冬の寒さがあるから、春が気持ちよくなる。

空腹があるからこそ、ご馳走を食べるとホントに美味しく感じられる

ずっと同じ環境(状況)だと、感動することもない。

だから、暑いからといって文句を言うことはない。

誰かに会った時に、決まり文句のように「暑い!ですね」と言葉にするが、その時でも笑顔で言おう。

その方が、きっと良いことがある。

そんな猛暑の中、庭回りと裏山の草刈りを少しずつやっている。

と言いつつ、ジャガイモを植えていた小さな畑は収穫してそのまま。

見た目は悪いが、次回何かを植える時に、畑を耕すと同時にやればいいと思っていたのだが。

隣のおじさんが、横に伸びる地這きゅうりの種をくれた。

家庭菜園で毎年植えているキュウリが、当初今一つ実がならなかったのでくれたのだろう。

(今はキュウリの実がなりだした)

暑いけれど、畑の草抜きをして畑を耕すとするか!

畑は草だらけ
右手がジャガイモがあったところ

草がボーボーである。

と言うわけで、ジャガイモを収穫した後放置していたところの草抜きをして、畑を耕した。

一軍のジャガイモを植えていたところ
二軍のジャガイモを植えていたところ

Tシャツは汗だくで、絞れば水が出る。

頂いたキュウリの種を植え、二軍のジャガイモを植えていたところには、ネギの種を「ダメ元」で植えてみた。

ダメ元と言うのは、納屋に置いたままにしていた「ネギの種」だからだ。

断捨離ではないが、こういった種もついつい捨てずに置いている。

貧乏性なのか、それとも「物を大切にしなさい」という昔からの言い付けを守っているのか(笑)

まあ、草抜きもできたし、余っていた種も蒔けたので「一石二鳥」である。

これが食べられるまで育ち、それが美味しければ、一石二鳥とは言えないほど得をすることになる。

そんな家庭菜園の作物であるが、ジャガイモは半分、イノブー🐗に喰われた。

イノシシの食べ残し

今実が付いているトマト🍅も、鳥たちが食べている。

食べられたトマト

その食べ残しをアリンコ🐜が食べている。

それにアリンコ🐜がたかっている

黙って食べたからと言って、「とって喰おう」とは思わないからさ…。

何か恩返しするのだぞ!

猛暑の中、草抜きをして、畑を耕して、種蒔きをして…。

汗だくになった後のシャワーとソフトクリームに、いつも以上に感動した(笑)

-庭・畑づくり, 開運, 雑記

© 2022 らいあんの独り言