ゴルフ

100切り🏌ならず・・・

今月2度目のゴルフラウンド

毎年平均すると「月イチゴルフ」になるが、月2回のラウンドは久しぶりである。

今回は、高松市牟礼町にある「屋島カントリークラブ」でラウンド。

屋島と言えば「源平合戦」(屋島の戦い)の舞台。

屋島カントリー

後世に語り継がれる平家物語の名場面「扇の的」の舞台も屋島である。

(那須与一が弓で敵船の扇を射る場面)

屋島カントリーは、約20年前は「庭のように」利用していたが、ここ十数年ご無沙汰していた。

庭のようにと言ったが、実のところ、ここでいいスコアを出した記憶がない。

上手い人は「どこでラウンドしても上手い」が、私のようなへたっぴーは、「さらにスコアが悪くなる」コースである。

ピン(グリーン上のピンフラッグ)が見えないホールが多く、それが苦手とする大きな要因だ。

景色も良く、とても良いコースなんだけど。

「100切り」という気持ちと苦手意識が交錯するなかで、IN(平家コース)スタート。

平家コース スタートホール

左には池があり、右に行き過ぎるとドライバーは抜ける(OB)。

両方とも見事に避けた!

五剣山(正面)

正面の「五剣山」に向けて打ったのだが、引っ掛けて手前の谷(林)へ一直線(OB)・・・。

スタートホールから、いろいろと考えすぎた。

プレフォー(プレイング4)からスリーパットのトリプルスタート。

出鼻をくじかれた…。

何ごとも「考えすぎる」のと「欲を出す」のは良くない。

さて、今回のラウンドは、(私の)師匠と堅実なゴルフをする40代のゴルフ大好き男子。

飛距離は60歳手前の師匠がダントツで、次に私。

パット数は、私がダントツ。

前半は、スリーパットの確変(三連チャン)が終わったと思ったら、バーディーパットをダボにするなど、散々なパッティング。

パチスロなら「万枚コース」の連チャンだ。

ドライバーはスタートホールの「プラスニダ」(韓国人ゴルファーではありません)以外は普通に打てているし、アイアンのキレも悪くない。

パターがひどすぎて、前半は同伴二人が40ちょいのなかで、一人だけ「51」も叩いてしまった。

前回のデジャヴのようだ。

アナザーゴッドハーデスのデジャヴ(上乗せ連チャン)は最高によかったが。

早くも「100切り」に黄信号が灯る。

気を取り直して、後半OUT(源氏コース)スタート。

源氏コース スタートホール

昼食をスルーして、引き続きラウンド。

真夏ならワンクッションほしいところだか、曇り空で秋の風が涼しく、体力的にも問題はない。

後半48で回れば100を切れる。

気合いを入れてドライバーを振ったら、スライスして林の中へ。

(イノシシ野郎、食えるものなら食ってみろ!)

本日2つ目のOB・・・。

毎回後半のスタートホールでミスショットをしたら、「昼飯食べてすぐだから」「食べ過ぎて腹が重たかったから」と言い訳していたが…。

単なる「腕が悪い」だけだった。

これからは、美味しいランチのせいにするのはやめよう。

後半のスタートホールはOBに始まり、苦手なパターで二桁手前の大タタキ・・・。

若い頃なら、スタートでつまずくと緊張の糸が切れて、半ば投げやりになっていたが、ここの部分は我ながら大きく成長した。

何ごとも最後まで諦めない

諦めなければ、優しい風(フォロー)が吹くこともある。

もう一つ、投げやりで不貞腐れてやっていると、一緒にラウンドしている仲間に不快な思いをさせてしまう。

どんな時も「笑顔」で楽しまないと!

そうしていると、手を差し伸べてくれる人が必ずいる。

正面は壇ノ浦(源平合戦の舞台)

前の組が詰まっていたので、待っている間、師匠からワンポイントレッスンを受けた。

右手を使いすぎで、打つときに右手首が手のひら側に折れている

打つときは左手を左に回す(返す)

(練習で)右手にゴルフボールを持って振る

それでも右手が強い場合は、卵を持って練習するように

ありがとうございます。

師匠クラスになると、他人のスイングのどこが悪いかすぐわかる(それが凄い)。

ラウンド中にスイングを変えるとグダグダになるが、これなら出来る。

右手の力を抜いて左手を意識すると、自然と力みがとれていい感じ。

おかげで、いきなりつまずいたが「53」でしのいだ。

51ー53の「104」

「100切り」は次回に持ち越し。

目標達成とはいかなかったが、今回も楽しいラウンド⛳だった。

昼食は、近くのうどん屋へ。

「かけうどん」二玉280円。

かけうどん(二玉)

本場の「さぬきうどん」は、安くて美味しい!(ですよ〜)

これで十分、お腹いっぱいになる。

ハズはないか(笑)

後出しですが、「天ぷら」もめっちゃ美味しいです。

とり天メンチカツ

ごちそうさまでした。

-ゴルフ

© 2022 らいあんの独り言