競馬

桜花賞予想

我が家からすぐ近くにある神社の桜

先週は、幼稚園児の遠足?コースになっていた。

こちらの桜も桜吹雪のように桜が舞っている。

綺麗な桜で癒された!

感謝

さて、本日は阪神競馬場でG1「桜花賞」が開催される。

桜が残った快晴の中で行われる予定だ。

その前に、昨日の阪神牝馬ステークスは、発送前にアカイトリノムスメが除外に。

アンドラナウトとの組合せがほとんどで、ほぼ返還となった。

アンドゥバラナイトを本命にしていたので、馬単は総流しにしていたが、マルチでなく1着固定…。

大穴のメイショウミモザが1着で、馬単は32,030円。

もったいない…。

まあ、ほとんど返還となり、それほどお金は使っていないのでOK!

では、桜花賞の予想をしよう!

一番人気は大外枠18番のナミュール

明らかに世代屈指のポテンシャルを秘めている。

2歳G1の「阪神ジュベナイルフィリーズ」では、大きく出遅れて4着。

前走のチューリップ賞は快勝。

この2戦では、阪神ジュベナイルフィリーズで本命にして4着だったので外れ。

チューリップ賞では、2着に人気薄のピンハイが来て外れ。

馬券的には、「2戦2敗」である。

要するに、「相性が良くない」ということだ。

反対に、毎回馬券圏内に来なくても、なぜが万馬券を含めて勝たせてくれる相性の良い馬がいる

なんでもそうだが、相性というものがあるのだ。

ちなみに、ナミュールの父ハービンジャーは、「クラシック」と相性がよくない。

というわけで、ナミュールは本命にしない。

今回は、2枠3番のアルーリングウェイ本命にする。

2走目の「万両賞」では、余裕があって油断?したような2着。

そのレースの1着は、マテンロウオリオン

シンザン記念を勝ち、昨日はニュージーランドトロフィーで僅差の2着。

この馬を物差しにすれば、アルーリングウェイ牝馬のG1なら十分通用するだろう。

先週、ジャックドールで4着に泣いた藤岡佑介騎手に踏ん張ってもらおう。

この馬から手広く買いたいと思う。

相手は、本命にはしないがナミュールライラックパーソナルハイウォーターナビエラ

これで勝てるはずだ!

春のG1クラシック第一段、良いスタートを切る

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

-競馬

© 2022 らいあんの独り言