仕事編 庭・畑づくり 雑記

家庭菜園から学ぶ

我が家の家庭菜園である。

こちらは、普通の大根(笑)

ホームセンターで買ってきた種を撒いたものだ。

耐病総太り大根

ど素人が適当に撒いたものだが、しっかりと成長している。

こちら⬇️も大根(笑)

大根は大根であるが、「赤い実」がなる(ようだ)。

種の入った袋には、「赤丸二十日大根」と書いてある。

赤丸二十日大根

「ラディッシュ」と言うものかな?

以前、近所におじさんに頂いたことがある。

洗って切っただけで料理したわけではないが、美味しかった記憶がある。

畑を放ったらかしにしていると草だらけになるので、これまた適当に植えたものだ。

赤い実が付いているし、「二十日大根」というくらいだから、もう食べれるのかな!?

こちら⬇️は、プランターに植えたレタス。

リーフレタス

これもまた、「適当」に植えたものである(笑)

売り物ではないので、「適当」でいいのだ(笑)

それでも、野菜たちは期待に応えてくれる

いや、期待以上かもしれない。

家庭菜園の野菜であるが、なぜか「立派に収穫できる」と心の中で信じて疑わない自分がいる。

「根拠のない自信」と言うべきものか!?

うまくできる(実がなる)だろうか?

こうしなければいけないのでないか?

真剣にやらなければいけないのではないか?

なんてことは、これっぽっちも思っていない。

畑を耕し、種を撒いて、肥料を少しあげて、水やりをする。

できることを普通にやったら、収穫できるものだと勝手に思っている。

いや、思っているのではなく、「潜在意識」の中で確信している。

それで、普通に実がなって収穫できているのだ。

その過程において、頑張りすぎることもなければ、悩むことも一切ない。

ただただ、「できる」と勝手に確信しているのだ。

これは、何事においても通ずるのではないだろうか!?

頑張りすぎることなく、悩むことなく、やるべきことをやって、ただ「できる」と確信していれば、何事もできるということに。

適当(?)にやっている家庭菜園の野菜たちが、立派な実とともに、成功の秘訣を教えてくれた気がする。

ありがとう❕

-仕事編, 庭・畑づくり, 雑記

© 2022 らいあんの独り言