日常 雑記

寒くなったけれど「それが何か?」

今日から12月である。

年配の人が、「一日は長いけれど、一年は早い」と言っているが、ほんと一年は早いものだ。

寒気が流れ込み、寒さが身に染みる季節になった。

うどん県(香川県)でも、昨日は曇り空で寒い一日だった。

これから会う人は、決まり文句のように「寒くなったね~」という会話から始まることだろう。

寒くなると、何をするにも億劫になる。

寒いのでなかなか布団から出られないし、用がなければ外出もしたくない

そうなると、ダラダラと過ごして体重も増える。

動かない分、気持ちもネガティブになる。

何もする気になれず、「ご機嫌」にもなれない。

それではダメだ!

寒くなったけれど、

「それが何か?」

である。

この気持ちを持たなければ!

人の意見や周りの環境に、流される必要はない。

家を出ると、寒くなったおかげで「もみじ🍁」が綺麗に紅葉している。

庭のもみじ🍁

家の前のもみじ🍁も、ご覧のとおり綺麗である。

家の前のもみじ🍁

寒いけれど、散髪に行く。

店員の兄ちゃんに「どれくらいにしますか?」と聞かれたので、「短く」とだけ伝える。

髪の長さに、寒さは関係ない

あるとしたら、の方だろう(笑)

髪を切った後は、うどん🍜屋へ。

温かいかけうどん

寒い日には、温かいかけうどんが最高にうまい😋

大きな「お揚げ」「チキンカツ」も一緒に。

物価高になっているが、何とかワンコインでおさまる。

寒くなったけれど、捉え方次第で悪いことばかりではない。

寒いからこそ良いこともたくさんある

うどん🍜を食べた後、おやつにアイスクリーム(ジャイアントコーン)を食べた。

寒くなったけれど、それが何か?

-日常, 雑記

© 2023 らいあんの独り言