日常 開運

断捨離(紙類)

開運のために、「断捨離」を少しずつやっている。

不要になった靴や服、趣味の小物類、使わないまま放置していた電化製品等。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20220323_1420082760.jpg
冷蔵庫
ブラウン管テレビ

また、納屋に置いてある大工道具や畑仕事用の道具も、かなりの数量をエコパークに持って行って廃棄した。

本や漫画は、本棚だけでなく、あちらこちらにあったものを何百冊と捨てた。

本&漫画

だいぶスッキリした感じではあるが、問題は「紙類」である。

断捨離を勧めている本やユーチューブ動画でよく言われるのが、「紙類には邪気が溜まる」ということ。

そう言われると、さっさと紙類を捨てたくなる。

机等の引き出しに入っている紙類を断捨離しなければ!

そう思ってテレビ台の引き出しを開けると…。

溢れんばかりの紙類が出てくる。

電化製品の取扱い説明書や保証書、領収書、納税の関係書類、保険や金融関係の書類等々。

引き出しごと、ごみ袋に移せばいいのだが、やはりお金に絡む書類が多いので、ひとつずつ確認しながらになる。

見ると、約20年前のものもある。

小さな引き出しの中の紙類を整理するだけなのに、大物を片付けるより手間がかかる。

もちろん、燃えない物も出てくる。

その多くは、おまけでもらったようなものばかり。

紙類は、住所・名前がバッチリ記載されている書類がたくさんあり、ゴミに出すのも大変だ。

シュレッダーにかけてゴミに出すか、大量に集めてゴミを廃棄場まで持ち込まなければならない。

そのため、紙類の断捨離一番めんどくさいことになる。

と言うことで、引き出しの中の不要な紙類は取り出し、袋に詰めるまでやった。

結構な量である。

テレビ台の引き出しだけでこれだから、机等の引き出しも大変だろう。

まあ、慌てずゆっくりやるか!

断捨離効果を上げるには、「一気に8割捨てろ」とも言われるが、できる範囲でやろう。

一気にできないことで、焦ったり、ストレスを溜めたりしたのでは、逆に気分(機嫌)が悪くなる。

気分よくやるのが一番だ。

今回断捨離した引き出しからは、商品券がかなり出てきた!

商品券(約1万円相当)

ちょっと得した気分である。

この気分がよくなることが、「断捨離効果があった」と言えるのだ。

まあ、この商品券を持って買い物をしたら、これまた物が増えるのだが(笑)

それでも断捨離をしていると、「本当に必要な物だけを買う」ようになる。

これが、お金持ちになる秘訣なのかもしれない。

-日常, 開運

© 2022 らいあんの独り言