日常

ピロリ菌をやっつける

6月の健康診断で胃の検査のバリュームを飲んだところ、念のため精密検査が必要という結果が届きました。

30代後半から毎年バリュームを飲み、ここ数年は「慢性胃炎」経過観察が続いていたのですが、今回は精密検査

慢性胃炎の原因は、仕事上のストレスに違いない(と思う)。

仕事上のストレスは、いつになっても解消できるはずがないと、毎年放置していました。

しかし、今回は、精密検査が必要との診断結果。

食欲はあるし、自覚症状も特にありません。

それでも、アラフィフになって初めて精密検査が必要と言われたので、放置するわけにもいきません。

そういうことで、8月初めに地元の病院へ。

バリュームの結果をみた医師から言われました。

胃カメラで検査しましょう

胃カメラは飲んだことがないので

「バリュームでもう一度検査というのはいけませんか」

と医師に尋ねると、

胃カメラ飲みましょう

との回答。

そこまで胃カメラを勧めるのは、「何かあるの?」と不安な気持ちがこみ上げてきます。

「何かあるんでしょうか?」

と医師に再度質問したところ、

それを調べるのですよ

(ですよね)「分かりました」

めっちゃ不安になったところで、胃カメラによる検査の予約をお願いすると

8月は予約で一杯なので、9月初めにしましょう

ということで決定しました。

1か月先の検査ということは、すぐに検査しなくてもいいってこと?

それは大したことないってこと?

それでも、胃カメラを勧められている。

複雑な心境になります。

何より、胃カメラが怖い。

職場の健康診断では、バリュームを飲まずに最初から胃カメラで検査する人もいたので、最近は胃カメラもしんどくないのかな…。

確かに、バリュームは下剤を飲んだあと結構しんどい。

嫌と言ったら嫌だけど、最初に飲むバリュームの量もかなり少なくなったし、味?も昔のようにひどくはない。

それでもバリュームより胃カメラを選択する人もいるので、胃カメラって案外楽なのかな?

胃カメラ検査の予約が一杯という事は、みんな普通に検査を受けているってことだし…。

そんなことを考えているうちに、検査当日となりました。

初の胃カメラ検査に緊張します。

大丈夫!

前の人も普通の顔で検査室から出てきた。

歯医者のように、子供の鳴き声みたいなものも聞こえてこなかった。

そんなことを思いながら、検査室に入り横になりました。

胃カメラが入ってきました。

痛くはないが、苦しい。

喉元を過ぎたあたりで、咳こむというかえずく

めちゃめちゃ苦しい。

これ、さらに入れられたら無理。

そんなとき、看護師さんでしょうか。

背中をさすってくれている。

背中をさすられることで、苦しいのが和らぎ、落ち着いてくる。

これって、まさしく「手当て」だ。

手当ては、痛みが和らいだり、心が穏やかになったりします。

マッサージも機械でやるより、直接手でやってもらうほうが手の温もりもあって気持ちよくなる。

そんなことを考えながら、じっと胃カメラに耐えていました。

帰って、手当てについてGoogleで調べてみると、

手当てで痛みが和らいだりするのは、絆ホルモン、幸せホルモンと呼ばれるオキシトシンの存在があります。

オキシトシンは、人の脳で合成され分泌される物質で、主にホルモンや神経伝達物質としての働きがあります。

などと説明されていました。

看護師さんが、背中をさすってくれたおかげで、なんとか10分ぐらいの胃カメラ検査を乗り切りました(大袈裟ですかね)。

はー、しんどかった。

涙目になってるわ。

診察です。

胃カメラが入っているときにピロリ菌という声が聞こえました。

食道などは問題ありません

ですが…

(この間が不安になる)

胃は炎症ができています

ピロリ菌の検査をしましょう

ピロリ菌?何ものですか?

これが悪さをするのです

ピロリ菌について、これまたGoogleで調べてみました。

正式名は、ヘリコバクター・ピロリ。

ヘリコとは「らせん」「旋回」という意味。

バクターとはバクテリア(細菌)。

ピロリとは胃の出口をさす「ピロルス」からきている。

ピロリ菌に感染したからといって、潰瘍や胃癌が必ず発症するわけではない。

しかし、感染したほとんどの人に胃炎がおこる。

除菌しない限り、ピロリ菌は胃の中にすみ続け慢性的炎症が続く。

胃の粘膜を防御する力が弱まり、ストレスや塩分の多い食事、発癌物質などの攻撃を受けやすい無防備な状態となる。

ピロリって可愛げな名前をしてるけど、なんちゅう悪いやつなんや!

翌週、呼気によるピロリ菌の検査をしました。

医師から、

数値から見て、ピロリ菌いますね

「それってやばいのですか?」

ピロリ菌は悪さをします

「どうやって、治すのですか?」

難しい治療はしません

一週間薬を飲めば大丈夫です

という事で、ピロリ菌をやっつける薬を処方されました。

これで、ピロリ菌が消えてくれれば!

アラフィフになって、初めて胃カメラを飲みましたが、これはほんとにしんどかった。

それでも、裏を返せば、これまで胃カメラを飲む必要がなかったということ。

感謝すべきことであります。

身体をいたわり、心もいたわり、健康体になりましょう!

-日常

© 2022 らいあんの独り言