日常 開運 雑記

感謝と感動!

感謝の心があると、おそらく人間関係が良くなる。

それだけではない。

仕事もプライベートも、全てが上手く行くようになる。

成功者(?)が、そのように唱えているのだから確かだろう。

これまでの自らの経験からもそう思う。

つくづく、「感謝の心」が足りなかったと痛感しているところだ(笑)

まぁ、幾つになっても、そのことに気づけばいい

さて、秋は気候が良いので、何をするにも気持ちがいい。

食欲の秋でもある。

うどん県民らしく、お昼にうどん屋へ。

うどん県民にとっては、極々普通の行動だ。

かけうどん

温かい「かけうどん」である。

チェーン店のうどん🍜であるが、普通に美味しい。

サイドメニューの天ぷらコーナーには、美味しそうなものがたくさん並んでいる。

いつも1つにしようと思うのだが、ついつい多く手に取ってしまう。

鳥天&かき揚げ

今回は、鳥天野菜のかき揚げだ。

これでワンコインでお釣りがくるのだから、リーズナブルである。

このうどんであるが、「昼食」としてお腹を満たしているものだ。

当たり前のことだから、特に感動することもない。

周りの人(うどん県民)も、普通にうどんを食べている(笑)

これが他県から来た人ならば、本場のさぬきうどんを食べて「感動」することだろう。

さぬきうどんを味わったことで気分が良くなり、ご機嫌で、地元に帰っても余韻にひたるかもしれない。

ひょっとすると、誰かに自慢話をするかもしれない。

バブルの時代には、「大阪からタクシーを飛ばして数百円のさぬきうどんを食べに来た」という逸話を聞いたことがある。

贅沢で無茶苦茶なお金の使い方だと思うが、違った捉え方をすると、それは感動的な行動である。

感動することがあると、機嫌が良くなって運気が上がるというものだ。

ネガティブなことをいつも考えているより、感動することがたくさんあったほうが良いに決まっている。

この感動であるが、感動を与えることでも運気が上がるはずだ。

観光名所で、一元客相手に「殿様商売」しているお店がある。

が、これでは感動を与えることはできないだろう。

長い目で見れば、おそらく感動を与えるほうが、間違いなく良い流れになると思う。

感謝の心を持ち

感動を味わい

感動を与える

ことが、運気を上げる秘訣だ。

地元では当たり前のうどん🍜であるが、捉え方次第では「感謝と感動」が生まれる。

当たり前のことに感謝しよう。

感謝と感動というキーワードを意識することで、きっと良いことがある❕


目に見えない力が凄すぎる: この開運術で救われる

-日常, 開運, 雑記

© 2022 らいあんの独り言