庭・畑づくり 雑記

家庭菜園の現状!!

家庭菜園の夏野菜の現状である。

キュウリ、シシトウ、ピーマン、
パプリカ、ミニトマト(1列目左から)

元気な野菜もあれば、そうでない野菜もある。

中玉トマト

2列目の中玉トマトはいい感じ!

一方で、ミニトマト(アイコ)は、実が付いているのに葉っぱが枯れている…。

ミニトマト(アイコ)

1番陽当たりが良い場所であるが、逆に日差し強すぎるのか?

それとも、土に栄養がないのか?

言われてみれば、苗を植えて一度肥料をやったが、それからしばらくは水やりしかしていない。

備蓄の肥料が切れて、そのままにしていたのだ。

キュウリもあまり実が付いていない。

と言うわけで、ホームセンターで肥料を買ってきた。

ホームセンターに行くと、ついつい観葉植物に目が行くが、ここは我慢。

十分すぎるほど家にある。

観葉植物

さて、肥料をやるのだが、その前に草抜きだ。

草抜き

この時期、1週間もすればすぐに草が生えてくる。

家庭菜園の規模で良かったと思う。

草刈りの時にも言ったが、これも断捨離として効果が期待できないかな~。

まあ、見栄えもよくないので頑張って草抜きしよう。

午前中なのに、猛暑で汗だくだ。

夕方にやればいいのだが、アリンコには噛まれるし、蚊に刺されることも多々ある。

だからこそ、断捨離と同じように、運気アップに繋がってほしい。

草抜きが完了したので、肥料やり!

肥料

どれくらいやればいいのかわからないから、まあ適当に。

あまり根元にやるのは「強すぎる」と聞いたので、近くに肥料をやる。

ミニトマトの辺りは、昨年は何も植えずに放置していたので、土に栄養が行き渡っていないのかも。

何事も「土台」が大切だ。

見きり発車は、行動しないよりはマシであるが、事前準備を怠っては反ってマイナスになる。

日々勉強である。

肥料をやっていると、隣のおじさんが声をかけてきた。

「今年はキュウリが(実が)ならん」とのことだ。

年によって、気候も影響して不作の野菜があるのかも。

まあ、やれることはやろう。

すべての野菜に肥料やり完了!

この肥料で野菜が元気に育ち、たくさん実を付けてくれることに期待する。

-庭・畑づくり, 雑記

© 2022 らいあんの独り言