競馬 趣味編

東京スポーツ杯2歳ステークス展望🏇

本日は、東京競馬場で開催される「東京スポーツ杯2歳ステークス」を予想する。

その前に、先週の「エリザベス女王杯」の振り返りを!

レース前の展望では

外国人ジョッキーのプライドをかけた戦い

「ウイン冠馬」の3頭出しで、どの馬を選ぶか

3歳世代は、秋華賞がメイチの仕上げでお釣りがない

を想定して馬券を買った。

結果は、

外国人ジョッキーのライアン・ムーアとクリストフ・ルメールの馬を買ったが、違う外国人ジョッキーで1着、2着、3着

「ウイン冠馬」3頭の中からウインキートスを選んだが、ウインマリリンが2着

3歳馬で秋華賞1着、2着のスタニングローズナミュールは消しで、二頭ともに(3歳馬全て)馬券圏外

う~ん・・・

いいところを突いていたが、選ぶ馬を間違えた(笑)

まぁ、終わったことは仕方がない。

明日のGⅠレース「マイルチャンピオンシップ」でリベンジしよう。

いや、ちょっと待った!

リベンジするのに、GⅠレースに固執する必要はない

「GⅠレースの借りは、GⅠレースで返す」等と考えると、投資金額をはじめ、いろんな影響を受ける。

GⅠで馬券を託したジョッキーが負けると、次のGⅠでは「こいつだけでは絶対買わない」なんてことにもなる。

麻雀でもそうであるが、打ち方やマナーをみて「こいつから上がってやる」等と感情的になると、決まって流れが悪くなる。

何事もリベンジの対象に固執すると、恨みや辛みといったマイナス感情でやることになるから、上手く行かないのだ。

過去のことは忘れて、目の前のことをポジティブに楽しくチャレンジする

これが成功の秘訣である。

そういうことで、エリザベス女王杯の悔しさは忘れて、東京スポーツ杯2歳ステークスをきっちり当てよう!

さて、このレースというか、2歳・3歳のレースでは毎回「ダノン冠馬」が人気を集める。

このレースに出走するダノンザタイガーは、セレクトセールで2億9000万で取引された高額馬だ。

単純に「高額馬=超良血馬」であり、他の馬より走る可能性は高い。

もちろん、高額馬で全く期待外れに終わった馬もたくさんいるが、少なくとも2歳戦では可能性に賭けてみよう。

と言いつつ、ダノンの馬には毎回GⅠで痛い目にあっている(笑)

クラシック(三冠)レースでは、ダノンの頭は買わないと決めているが、GⅠ以外の重賞レースでは毎回取捨に悩まされる。

まぁ、2歳戦では毎回ダノンの馬が活躍しているので、素直にダノンザタイガーを本命にしよう。

相手は、ハーツコンチェルト

デビュー戦では、8馬身差の圧勝。

1位(優勝)を決めるものは、1点でも1ミリでも「勝てば官軍」である。

一方で、何人かを選抜するものは、その中(合格)に入れば皆おなじ。

1位でなくても、将来、逆転することは幾らでもある。

比例復活の議員でも、復活当選すれば身分は立派(?)な政治家だ。

話が脱線してしまったが、1位(優勝)を決めるもので、8馬身差をつけるというのは伊達ではない。

ハーツコンチェルトの、現時点でのポテンシャルと完成度は抜けている。

相手もう一頭はフェイト

こちらは、父馬のリアルスティールにお世話になったからだ(笑)

2歳馬で何もかもシューベルト(未完成)のうちに、思い入れのある馬の産駒を買うのもいいだろう(笑)

この3頭を中心に「奇跡の馬券術」で勝負する。


初心者でも勝てる奇跡の馬券術: 万馬券を取る賢い馬券の買い方

先週の負けを取り返すと思わず、目の前のレースを楽しもう。

たぶん、その方が(馬券で)良い結果が出る!

皆さん、グッドラック❕


競馬でやってはいけない行動10選: やめれば全てが上手くいく
ライフスタイル - ブログ村ハッシュタグ
#ライフスタイル

-競馬, 趣味編

© 2022 らいあんの独り言