競馬 趣味編

マイルチャンピオンシップ展望🏇

本日は、阪神競馬場でGⅠマイルチャンピオンシップが開催される。

マイルチャンピオンシップと言えば、オグリキャップVSバンブーメモリー

最後の直線でバンブーが抜け出し、オグリは届かないと思ったが、そこから鬼脚で猛追し、ゴール板で数センチオグリが前に出た。

オグリキャップ

「ゴール板がわかっているオグリキャップが、最後に鼻を突き出した」とも言われている。

バンブーメモリーの単勝を買っていた友人が、ゴール前で「バンブーや!」と大声で叫んでいたが、長い写真判定の末、オグリキャップが優勝した(笑)

あれから33年の月日が流れたが、今でも鮮明に覚えている名勝負だ。

「枠連180円」だったので、さすがに馬券は(買えず)外したが(笑)

さて、マイルチャンピオンシップは昨年、一昨年と女傑グランアレグリアが優勝しているので、固いレースというイメージがある。

今年はどうだろう!?

短距離レースと言うのは、人間でもウサイン・ボルトのように「速い者は決まっている!」ので、強い馬がきっちり勝ちそうであるが!

4歳以上の古馬勢では

ソダシ

シュネルマイスター

セリオス

が人気を集めるだろう。

3歳勢では

セリフォス

ダノンスコーピオン

の2頭にチャンスがありそうだ。

人気馬を検証すると、ソダシはマイル(1600)戦「4戦4勝」と完璧であるが、相手は全て牝馬

牡馬(男馬)相手にどうか!?

サリオスは、マイルより中距離がベストな舞台だと思うが!?

不安がないのはシュネルマイスター

ジョッキーは、先週のエリザベス女王杯で期待(馬券を買った)したクリストフ・ルメール

(馬券にはならなかったが…)

2年連続、グランアレグリアでこのレースを制しているので、このコースでの勝ち方は知り尽くしている。

3歳馬では、セリフォスが一番強そうであるが…。

強い3歳世代であるが、マイルでは古馬のほうが一枚上

「どこまで古馬相手迫れるか!?」と言ったところである。

ダノンスコーピオンは、セリオスと同じくマイルより中距離のほうがいい(と思う)。

非根幹距離の「1800m戦」に向いていそうだ。

現状では、1800m戦のGⅠレースはない

この距離のGⅠレースがあれば、GⅠフォースになれた馬が過去に何頭いたことだろう!?

ベストが1800mの馬は、秋のGⅠレースでは2000mの天皇賞(秋)か、1600mのマイルチャンピオンシップのどちらかを選択することになる。

1800mのGⅠレースがあれば…。

人間の世界においても、「自身の最大のパフォーマンスを発揮できる舞台があれば」と思うことがある。

が、それがないことを憂いても仕方がない。

「世が世なら」と言うが、特技を磨いていれば、そのチャンス(舞台)はきっと訪れる

本題に戻ってレース展望であるが、

本命はシュネルマイスター

相手にソダシ

もう一頭の相手はサリオス

サリオスは「非根幹距離が得意でマイルでは!?」と言ったが、そんな不利な条件に挑む馬を応援したくなる。

ジョッキーは、外国人騎手で先週期待したライアン・ムーアだ。

この3頭で、いつもの「奇跡の馬券術」で勝負する!


初心者でも勝てる奇跡の馬券術: 万馬券を取る賢い馬券の買い方

皆さん、グッドラック❕


競馬でやってはいけない行動10選: やめれば全てが上手くいく
ライフスタイル - ブログ村ハッシュタグ
#ライフスタイル

-競馬, 趣味編

© 2022 らいあんの独り言