仕事編

時代の変化に適応しろ!

職場の人間関係にほとほと疲れ果てていないだろうか?

人それぞれ、性格も考え方も価値観も違う。

皆に合わせて「八方美人」に振る舞うと、自分に嘘をつくことになり、ストレスが溜まる一方だ。

その点では、私は血液型がB型でよかったと思う。

好き嫌いが激しく、敵をつくるので「プラスマイナスゼロ」ではあるが。

50歳前後の中間管理職は、上からの圧力に加え、部下とのコミュニケーションにも気を遣う。

扱いに困る年上の部下もいるだろう。

世代は関係なく、ワークライフバランスの良き時代に権利意識の強い者もいる。

でも、昇進するためには「部下をまとめて成果をあげる」ことが必須である。

アラフィフ世代は、人にもよるが「今ならパワハラと言われる厳しい指導」を受けてきた。

でも、今のご時世、同じ事をすると一発でレッドカード!だ。

パワハラを訴えられた時点で、昇進は望めない。

経験上、まじめではあるが、あまりにも「杓子定規」でバランス感覚がなく、自分の物差しで他人を見る。

このような者は、パワハラで訴えられないよう十分注意することだ。

もちろん、セクハラも一発でアウト。

セクハラは相手の受け取り方次第で大きく変わる。

嫌われていたら、些細なことでもやられる。

今は嫌われていないくても、嫌われた時点でアウトになる。

過去に、フレンドリーに言ったことでも、蒸し返して訴えられる。

「人の悪口を言わない」のと同じだ。

いつ敵になるかもわからない。

普段から、どんな相手であっても紳士的に接することだ。

さて、年上の部下は、同じように厳しく指導されてきた世代である。

それでもできない者は仕方がない。

今更指導しても、やる意思も能力もない

経験上、神経の図太い者が多く、深く関わると損をする。

やれることをやってもらうのが、ストレスを溜めない秘訣だ。

むやみに敵を作ることは、「百害あって一利なし」である。

若手はどうか?

人間的にも能力的にも優秀な若手はたくさんいる。  

それでも、昔自分がやられたような手法で若手を指導してはいけない

仕事の進め方自体が、変わっているのだから。

昔の話もしてはいけない

昔の「苦労話」や「武勇伝」、「自慢話」など誰も聞かないし、聞きたくもない。

仕事にまつわる自身の「座右の銘」も同じだ。

酒席で「肴(あて)」にされるのが関の山だ。

さらにプラスして「あなたのためを思って」というフレーズも禁句である。

巷で、それを言う者は「自分のために言っている」と流布されているからだ。

確かに、自分の保身のために言っている人もいるかもしれない。

松下幸之助は、「物をつくる前にまず人をつくる」という言葉を残している。

自分のことしか考えていない輩が多い中で、人材育成に力を注いでいる人もいるだろう。

愛情を持って厳しく育てようと思っている人にとって、「自分のためにでしょ!」と言われれば、これほどガッカリすることはない。

だから、「あなたのためを思って」のフレーズは使用しないことだ。

時代は流れている。

昔のような泥臭いことを言っても意味がない。

合理化・効率化でワークライフバランスを実践するなかで、昔流の仕事の進め方は、時代の流れに逆行する愚行でかしかない。

部下ができていないところは、気付いた自分がやればいい。

仕事はもちろん、雑務であっても。

上になるまでは、小言めいたことを命令してはいけない

中間管理職の人は、今でも上からパワハラめいたことを受けているだろう。

それを訴えたら、完膚なきまでに揉み消され、ブーメランで自分に帰ってくる

それと同じ事をしたら、パワハラで訴えられ、昇進の道は閉ざされる。

アンフェアな仕打ちを受け、理不尽だと思っている人は、世の中にたくさんいる。

それでも時代の変化に適応していかなければならない。

自ら闘う必要はない。

そんなことに時間と労力を使っても、得るものは何もない。

それは、お天道様におまかせしよう。

時代の変化に適応しろ!

時代の変化に適応した人間関係を構築しましょう。

決して無理せずに!

-仕事編

© 2022 らいあんの独り言