マンガ

三国志を読破しよう!

開運のために大掃除をしていたら、「三国志」の本が出てきました。

一つは、学生の頃に読んだ

 漫画「龍狼伝」(山原義人)

龍狼伝(山原義人)

もう一つは、40代の頃に読んだ

 三国志(吉川英治)

三国志(吉川栄治)

三国志は世界中で人気があり、これを題材にした小説、漫画、アニメ、映画、ゲーム等は数多くあります。

書物(小説、漫画等)もたくさん出ているので、どれを読んだらいいのか迷うことでしょう。

三国志は、「難しそう」「登場人物が分かりづらい」「長編で読めない」といった先入観があるかもしれません。

そのため、「読みたい」「読んでおきたい」「読まなければならない」と思いつつ、いまだ読んでいない方もいるのではないでしょうか。

そもそも、三国志を読む動機は、

  • おもしろそうだから 
  • 興味があるから
  • 試験に役立ちそうだから
  • 仕事に役立ちそうだから
  • 私生活に役立ちそうだから

など、純粋に「読みたい」「読んでおきたい」と思う人が大半だと思います。

あとは、職場等で地位が上がるにつれ、

  • 知らないとばかにされそう 
  • 知らないと恥ずかしい 
  • 交流会等で話についていけない 
  • 賢い人と思われたい
  • 見栄をはりたい(優越感)

といった理由で「読まなければならない」と思っている人もいるかもしれません。

動機はなんであっても、一度は「三国志」を読んでみてください。

めちゃめちゃおもしろいですから。

それに、仕事にも私生活にも生かせることがたくさんあります。

仕事上では、「情報」「戦略」「ブレーン」などについて、とても勉強になります。

また、「ビジネスに私情を挟むな!」で書きましたが、相手を思いのままに動かすのは「恐怖」「利益」「情」というのも「三国志に通じる」ものがあります。

さて、いつもならこの本がオススメと紹介するのですが、私が読んだ三国志は、主に下記の3冊です。

 漫画 龍狼伝(山原義人) 全37巻

 漫画 三国志(李志清、寺島優) 全14巻

 歴史時代文庫 三国志(吉川栄治) 全8巻

三国志に関しては、たくさんの名書がありますので、自分にあったものを選んでいただけたらと思います。

ただ、私が読んだ漫画と本で、「三国志に関して語れる」だけの知識は身に付くと思います。

吉川栄治さんの三国志は、不朽の名作ですからね。

動機の中で、「読まなければならない」と思っている方は、吉川栄治さんの「三国志」を読んでおけば完璧です。

三国志の場合、長編かつ登場人物が複雑で混乱することがあります。

私の場合、「坂本龍馬」の本もそうでしたが、漫画から入って小説を読破しました。

漫画「お~い!竜馬」(武田哲也、小山ゆう) ➡ 「竜馬がゆく」(司馬遼太郎)

いきなり長編小説は」と思われる方は、漫画から入ってもいいかと思います。

三国志を読みましょう!

人徳のある「劉備」が人気ですよね。

でも、私のバイブル「北斗の拳」のラオウもヒーローです。

戦国の世では「曹操」もヒーローです。

-マンガ,

© 2022 らいあんの独り言