番外編

自宅のメンテナンス

住宅メーカーの人に「自宅の20年点検」をしてもらった。

家を建ててから「もう20年経つのか」としみじみ思う。

転勤で(連続)4年ほど留守にしたことがあるが、それ以外は換気や掃除を人並みにしているので、それほど傷んではいない(と思う)。

生まれ育った島の家は、ずっと空き家にしているので、家の中も外観も傷みが激しい。

今年は2回島に渡って空き家の掃除をしたが、電気と水道を止めているので、もっぱら屋敷周りの草刈りに終始した。

人が住んでいると掃除や草抜きを適度にやるが、そうではないので草木が伸び放題。

なかなかの重労働であった。

さて、今住んでいる我が家の方は?!

メーカーの人に、まずは配管周りをぐるりと点検してもらったが、問題はなし。

問題は「外壁」だ。

色褪せて、シミが付いている。

外壁

どこで調べたのかわからないが、外壁塗装の業者が飛び込みで来たり、電話がかかってくる。

確かに、見た目が良くないのでリフォームの時期ではあるが、「外壁を塗るくらい自分でできる」と思ってこれまで断ってきた。

点検してもらってわかったことだが、外壁の点検で重要なところは、外壁材の目地を埋めるために使用されている「コーキング」

ここにひび割れ縮みがあれば、そこから水が侵入し、大掛かりな補修工事が必要となるらしい。

単に外壁を塗り替えるだけだと思い、自分でもできると甘くみていたが、さすがにコーキングの補修はできない。

外壁を点検してもらった結果、メーカーの人が言うには

ひび割れとかは、ほとんどないですね

外壁タイルの方も大丈夫です

おかしいな?!築20年ですよね?!

私が言うのもおかしな話なんですけど、それほど劣化していません

最初にキッチリとやってもらったんですね

でも、コーキングはひび割れとかができた後でやると大々的な工事になるので、早めに補修するのをお勧めします

とのことである。

外壁タイル

外壁のリフォーム費用は、一般的に100万台(200万まではかからない)だそうだ。

う~ん、時期を考えてやらねば。

室内の方は、立て付けなどを点検してもらった。

立て付けは問題ないが、キッチンや風呂場の付属品はところどころ劣化している。

もちろん、これは各メーカーと直接交渉するもの。

電化製品等でよくある「部品がないので丸ごと交換」になれば、これまた結構な費用がかかるだろう。

床下も潜り込んで確認してもらったが、「湿気による木の劣化」もなく、「虫も付いていない」とのことだ。

と言うことで、たちまちリフォームを考えなければならないのは外壁補修だ。

外壁や屋根瓦等のリフォームを考えると、経済的にはやはりマンションの方がいいのだろうか?!

メーカーの人に聞いてみた。

マンションは、(全体の)リフォームのために毎月積み立てをしているんですよ

全体の外壁塗装をする時は、「この日までに荷物を出せ」って言われるし、部屋の中のリフォームは当然自腹

知り合いの社長さんが言うには、「釣り道具をマンションに持って上がって部屋で洗わなければならないが面倒くさい」って

あとは、取り壊しするようなことになったら、ほんのちょっとの土地の配分以外は、何も残らないですから

一戸建てもマンションも一長一短あるので、結局は自分の好みになりますね~

一番いいのは、手ごろな家賃の「賃貸」ですよ

(住宅メーカーの)あなたがそれを言ったらアカンでしょ(笑)

不動産は、固定資産税やリフォーム代などランニングコストがかかる。

後々のことを慎重に考えてやるのは大切であるが、考えすぎたら何もできない。

一戸建て・マンション・賃貸・リフォーム、「どれにするか」「いつするか」は、慎重かつ大胆に決めなければならない。

「三回建てたら、やっと自分の気に入った家になると言いますので、是非とも」と言われたが、はい、一回で十分です。

リフォーム等をするときに気をつけなければならないことを一つ。

住宅メーカーの人が

うちのお客さんのところに、県外に本社がある業者が来て「壁が傷んでいる」と言ったそうなんです

新築間もないのでお客さんに苦情を言われて確認しに行ったんですけど、当然のことですが全く問題ありませんでした

実はその業者、私のところにも来まして「住宅メーカーに勤めているので結構です」って言っても、しつこくて帰らないんですよ

とんでもない業者がいるので、気をつけてください

と言っていました。

善人を装って「無料で点検します」とか「シロアリがいます」と不安を煽って近寄ってくる悪徳業者には、くれぐれもご注意ください!

-番外編

© 2022 らいあんの独り言