日常

月に一度は「毒出し」を!

皆さん、「毒出し」ってご存じでしょうか?

「毒出し」というだけでは何のことやら?となりますよね。

身体の老廃物を排泄することです。

デトックスと言ったほうが、わかりやすいですね。

「デトックス」しないと、便秘の時などは毒素が腸から全身に回って、それが肌荒れや頭痛などのトラブルになります。

デトックスで腸の働きがよくなると、体内の悪いものを排泄して、肌荒れやむくみが解消し、肩こりや冷え性も改善すると言われています。

その毒出し(デトックス)にいいのが、これ👇です。

こんにゃく

見てのとおり、「こんにゃく」です。

こんにゃくは、昔から

 「おなかの砂おろし」

 「砂払い」

 「胃のほうき」

などと言われています。

「砂」とは「老廃物」のことを指します。

こんにゃくは、植物繊維が豊富で、食べると体に不必要な老廃物を排除してくれるのです。

昔の人は、科学的なことはわからずとも、経験的に「こんにゃく」の働きを知っていたのでしょう。

「先人の知恵」、恐るべし!

参考に、こんにゃくについての科学的根拠を調べてみました。

グルコマンナンは、こんにゃくの主成分である植物繊維の一種。

胃の中で水を吸って膨れる性質があるため、食欲を抑える働きや、糖やコレステロールの吸収を抑える働きがある。

ダイエットにも良さそうですね。

試したことはありませんが、こんにゃくを煮て、タオル等で包んで体に当てると、消化や解毒作用を担う臓器(肝臓、腎臓、脾臓)が温められて活性化し、身体の毒出しを高めてくれるそうです。

こんにゃくの他に、毒出し作用がある食材を調べてみました。

有害物質の体外へ排出を促す食材

リンゴ、ごぼう、キノコ類、海藻類

有害物質を包み込んで吸収させなくする食材

にんにく、長ねぎ、にら、玉ねぎ

有害物質を無毒化するのを助ける食材

ブロッコリー、キャベツ、大根、にんにく、長ねぎ、海藻類

参考にしてくださいませ。

いきなり、「こんにゃく=毒出し」のお話をしたのは、先般、生まれ故郷の島に帰って、ふと思い出したからです。

島の「空き家対策」の合間に、島をぐるり一周して、幼少時代を懐かしく振り返りました。

生まれ故郷

島の魅力(前編)島の魅力(後編)はこちらをご覧くださいませ。

島で暮らしていた幼少時代は、和食中心で、必然的に魚料理が多く、畑で採れる野菜も豊富に食べていました。

じゃがいも、サツマイモ、スイカなども自給自足で食べ放題。

ただ、子供の頃は

 魚より肉

 野菜より肉

 芋より肉

 果物より肉

 (肉=プリン=シュークリーム)

という感じでした(笑)

アラフィフになった今では、「なんとも贅沢で健康的な食材が並んでいたな」と思います。

そんな食生活の中で「こんにゃく」

味は、甘くもなければ苦くもない。

好きか嫌いかと聞かれればどちらでもなく、食べられないことはない。

脇役としていい味を出しているが、単品で「ど〜ん」と出てくると、「うん?」って思ってしまう。

海鼠(ナマコ)もそんな感じでしたね(笑)

その頃に、お袋が「こんにゃくは毒出しで身体にいいから」って教えてくれました。

そのことをふと思い出し、今回「こんにゃく」を特集いたしました。

特集というほどのものではありませんけれど(笑)

月に一度は「毒出し」を!

近くのうどん屋で「うどん」と「おでん」をいただきました。

冷かけうどん

サイドメニューは「天ぷら」ではなく、おでんの「こんにゃく」です!

おでんの出汁も美味しい!

月に一度は、こんにゃくで「毒出し」しましょう!

すいません、天ぷらも美味しいです(笑)

とり天

-日常

© 2022 らいあんの独り言