日常

北京オリンピック

北京オリンピックが閉幕した。

日本は、冬季オリンピック史上最高となる18 個(金3.銀6.銅9)のメダルを獲得した。

高梨沙羅選手の失格羽生結弦選手の金メダル3連覇ならずなど、惜しかったものもあるが大健闘である。

オリンピックでは、何度も試合ができる種目がある。

でもやはり、一発勝負の緊張感のある種目の方が、見ていておもしろいし感動を覚える。

やっている選手は、物凄い「プレッシャー」があるだろうけれど。

この一発勝負の競技で本来の実力が発揮できなかった選手は、この後、どのようなメンタルになるのだろうか?

モチベーションを維持できるのであろうか?

オリンピックに「忘れ物」をした人は、次のオリンピックは4年後。

長いようで短いかもしれないが、悔しくてリベンジしたいと思っている人にとっては長いだろう。

悔しい気持ちは、できるだけ早くリベンジしたいと思うからだ。

それゆえ、4年後のリベンジに向けてモチベーションを維持するのが大変だと思う。

話は変わるが、うどん県のコロナ感染者は、連日400人を超えている。

言い訳になるが、ステイホームとオリンピックのおかげて、年末年始に蓄積した脂肪が落ちるどころか増えている。

軽くヤバいではなく、かなりヤバい

ということで、ダイエットを始めることにした。

本日で三日目である。

やり始めたのは「16時間断食」だ。

これまで色んなダイエットにチャレンジしたことがあるが、これは初めての試みである。

有名なダイエット法なのでご存じの方も多いと思うが、要するに「一日の中で食事をとらない時間を16時間連続で作る」というものだ。

例として、夜7時に食事をしたら翌日の朝11時までは何も食べないというものである。

三日目の感想を言えば、早起きすると腹が減って仕方がない。

それでも、この寒い中でウォーキングやジョギングをするよりは楽である。

そもそも、運動でダイエットするのは、しんどくてめんどくさい。

ただ、継続できない理由はこれではない。

「しんどい思い」をしているのにすぐに成果が出ないことでモチベーションが下がるからだ。

その点でいえば、「16時間断食」は空腹に耐えること以外は、しんどいと思うことはない。

だから、すぐに効果は出なくても「継続」できるような気がする。

結局のところ、ダイエットもリベンジも、すぐに結果が出るものではない。

というより、「急いては事を仕損じる」ことになる。

焦らず、慌てず、着実に進めなければならない。

ここで大切なのは、「継続」するためのモチベーションを維持すること

オリンピックのようにリベンジが4年先でないと思えば、モチベーションは維持できる。

まずは一か月、「16時間断食」を継続したいと思う。

継続してやりきった実績を、積み重ねていきたいと思う。

-日常

© 2022 らいあんの独り言