日常

フィギュアスケート

北京オリンピック女子フィギュアスケートは、日本人選手が銅メダルを獲ったものの、どうも後味が悪い。

それはもちろん、ドーピング問題が発覚したカミラ・ワリエワ選手15歳の関係だ。

周りの大人が悪いと思いつつ、ショートプログラムでトップに立った時には「15歳なのに凄いメンタルしているな」と思っていた。

もちろん、いい意味のメンタルの強さではない。

それが一転、ズタボロになったフリーで4位になったのを見ると「15歳の女の子なのに可哀そう」と思ってしまう。

さすがに、失意の彼女にマイクを向けるのを見ると、そちらの方にイラっとくる。

でも、フリーでも実力どおりの演技をして一位になっていたら、こんな風には思わなかっただろう。

笑ってしまうが、簡単に(逆の意味で)「手のひらを返してしまう」。

これからマスメディアが、彼女についてどのように報道するのか注目される。

おそらく、暫定一位になっていた場合とは大きく違っているだろう。

そもそも、このワリエワ選手がメダル圏外の選手だったらどうだったのだろう?

これほど大きな問題にはならなかったのではないか。

ドーピング問題という大きな問題であるから、マスメディアも代々的に報道するが、結局のところは「対象になった人」によって大きく変わるような気がする。

芸能人のスキャンダルであっても、やらかしたことにもよるが、結局のところ、その人間の地位や権力等によって報道の仕方も変わってくるはずだ。

個人的には、ワリエワ選手が可哀そうに思えたのは、金メダル(暫定)を獲得できなかったからだ。

マスメディアだけかと思ったが、自分自身も「他人の目」を気にして、権力者や成功している者に対する嫉妬があるのだろう。

弱者の味方になるという気持ちが強ければ強いほど、それに比例して「勝ち組」に対する嫉妬が出るのかもしれない。

「他人の目は気にしない」と口では簡単に言えるが、心の中に沁みついてしまっている。

アカン、アカン!こんなことでは…。

心に余裕を持って心穏やかに過ごすためには、「他人の目を気にすること」を消し去らなければならない。

これは逆に、ストレスになるほど難しいことなのかもしれない。

競馬予想に集中して、こんなことを考えることもやめてしまおう。

北京オリンピックも2月20日までであるが、スッキリ感動するものを見て見たい。

-日常

© 2022 らいあんの独り言