日常 雑記

持ちつ持たれつ

家の真横は、同じ自治会の人が所有する土地(空き地)だ。

その空き地にある木が、我が家の2階まで覆ってきたので、バッサリ切らせてもらった。

完全に放置状態であるので、文句を言われることもないだろう。

真横に家があり、その庭から伸びてきたものであれば、ちょっとややこしいことにもなるかもしれない。

ご近所さんとの関係性にもよるけれど。

親しすぎると「言いたいことが言えない」

仲が良くないと「些細なことでも喧嘩になる」

付き合いの距離感が重要になってくるが、なかなか難しいものである。

私が所有している少し離れた空き地は、毎年その下で作物を作っている人から「草刈り」を依頼(?)される。

空き地の草刈り

いつもシルバー人材派遣センターに電話して、綺麗にしてもらっているけれど。

草刈り後

依頼してくる人は、周囲の人には悪口を言っているかもしれない(笑)

「持ちつ持たれつ」

「困ったときはお互い様」

昔は、近所付き合いもこんな感じで上手くいっていたのかもしれない。

まあ、それも人によるかな!?

プライバシー重視で、近所付き合いが希薄になったのは皆が望んだことである。

ただ、田舎の場合は、空き地や空き家の管理で、たまにこのような煩わしいことがある。

まあ、放置している木を切るくらいは、寛大な心(?)で難なくできる。

仮に文句を言われたら、「売り言葉に買い言葉」となるかもしれないけれど(笑)

さて、木を切って、周りの竹藪も少しききれいにしたら、樹液の甘い匂いが漂ってきた。

幼少期に、カブトムシやクワガタを採りに行った時の木の匂いである。

とても懐かしい匂いであるが、匂いというものは結構覚えているものである。

カブトムシはいないかな?

本命のカブトムシやクワガタの姿は見当たらない。

カナブンたち

集まっているのは、カナブン、蝶々、かみきり虫、蝶々たちである。

かみきり虫

甘い樹液で、これだけの昆虫たちを集めるのだから凄い木である。

私も「いい人」が集まってくるオーラをまといたいものである。

-日常, 雑記

© 2022 らいあんの独り言