庭・畑づくり

根菜類の収穫時期がわからない

我が家の敷地内に「猫の額ほどの畑」がある。

毎年この畑に、家庭菜園で

ナスビ、キュウリ、シシトウ、ピーマン、大根

などを植えている。

今現在、植わっているものは、ナスビと名前のわからない「レタス様」のもの。

秋ナス
レタス?

それに、今年から始めた「ホームタマネギ」「ラッキョウ」である。

ホームタマネギは、現在、こんな感じ👇になっている。

ホームタマネギ

タマネギのは伸びており、根と葉の間のもかなり太くなっている。

ホームタマネギ

そろそろ収穫できるのでは?

ラッキョウは、プランターに植えている。

ラッキョウ

ラッキョウの方は、葉も伸びて「花」が咲いている。

ラッキョウの花

ラッキョウが、こんなにかわいらしい花をつけるとは知らなかった(ピンぼけですいません)。

さて、ここで本題である。

このタマネギとラッキョウもう収穫できるのだろうか ?!

ナスビやキュウリなどは、熟れた実の色や形をみれば、収穫時が一目でわかる。

一方で、土の中で育つ根菜類は、何を基準にして収穫すればいいのだろう?!

なにぶん、初めてのことなのでよくわからない。

植えた時期も適当だから…。

数年前に、ピーナッツをいただいて植えたときも、収穫時期が分からず、結果ほとんど実がついていなかった。

最近は作っていないが、サツマイモでも同じような経験がある。

商売しているわけでもないので損害はないが、「ガッカリ感」は半端ない。

花壇に植えてほとんど放ったらかしにしているイチゴは、「明日収穫しよう」と思った翌日には、鳥や獣に食べられている。

イチゴ

鳥や獣たちは、「一番美味しい食べ時」というのが嗅覚で分かるのだろう。

ほとんど人間様の口に入らないイチゴの実

「ものすごい能力だ!」と感心する。

土の中で育つものは、イノシシにやられる可能性がある。

それでも、芋やタケノコと違って「タマネギは大丈夫だろう」と勝手に思っている。

イノシシも泣きたくはないだろう。

なので、あわてて収穫する必要もないのだが、とりあえず「一本」抜いてみた。

収穫するには早かった・・・

タマネギ

涙は少なくて済みそうだが、これでは大好物のカレーライスが作れない。

ラッキョウではありません・・・

これがラッキョウなら、天才だったのだが…。

別の意味で「涙が出る」。

何ごとも勉強だ。

失敗しながら修行して、「売れるほどのモノ」を作ってやる!

裏山にも土地があるので、果物も含めて実のなるモノに挑戦したいと思う。

-庭・畑づくり

© 2022 らいあんの独り言