ゴルフ

ゴルフ⛳旅

先週、友人に誘われて隣県の愛媛県でゴルフ⛳ラウンド

マスターズゴルフを見てウズウズしていたので、有難いお誘いである。

また、隣県の初めてのコース⛳を回るのも楽しいものだ。

近くの「庭のようなコース」を回るのも気楽でいいが、旅行気分で隣県のゴルフ場を回るのもいい!

朝早く起きて自力で行くとなると、寒い時期には億劫になることもあるが、今回は乗り合わせ。

車の運転もせずに案内してくれる「至れり尽くせり」のゴルフラウンドである。

もちろん、練習不足で「仕上がっていない」けれど(笑)

やって来たのは、今治市にある「松山シーサイドカントリー」

愛媛県でゴルフをしたことは何度かあるが、初めてのコースである。

前日どしゃ降りの雨が降っていたが、当日は霧雨が少し降っただけで全く問題ない。

問題なのは、この濃い霧である。

スタートホール

と思ったけれど、いざスタートしてみると全く問題なかった。

濃い霧に包まれている

問題なのは「腕」だけである。

さて、今回は「100切り」なるか?!

一緒にラウンドするのは、友人とその会社関係の知り合い(愛媛県民)2人。

4人でラウンドスタート。

60代の「○○長(社長級)」が大のゴルフ好きらしく、また、この人が一番上手い。

このコースも「庭」のようなもので、いろいろアドバイスしてくれる。

そんな中で、前半OBの数はひとつであったが、上がってみれば「53」

パーがひとつもとれず、相変わらずアプローチとパターが下手すぎる。

「耳にタコができる」ほど言っているのに、なかなか体が覚えない。

ま、それがゴルフであり、それだからおもしろい

プロでないのだから、上手くできないことを考えて、悩んで、たまに上手く打って喜んで!

できすぎず、できなすぎず、楽しみながら少し苦労して成長することこそおもしろいのである。

当日は「セルフの昼食なし」で、そのまま後半戦に突入。

友人には、前回年始のラウンドで

100対991打負け。

今回はそのリベンジ「100切り」が目標である。

後半戦は、早めにパーを数回とってなかなかいい感じ。

と思っていたが、ショートホールがなかなかワンオンしない。

せめてパターが上手ければいいのだが、やはりスリーパットが出る。

結局のところ、残り二ホールでトリプル(スリーオーバー)を連発。

上がってみれば、後半「48」

ショートがワンオンしない

今回も100切りならず「101」

ちなみに友人は「ジャスト100」

これまた、1打負け…。

まあ、楽しくラウンド⛳できればいいのだ。

愛媛県の社長級の人は「80台」で回っていた。

おそらく、いつもより(スコアは)叩いたはずだが、これは私にいろいろとアドバイスしてくれていたからだろう。

親分肌で面倒見が抜群にいい人だ。

その面倒見の良さも半端ではない。

ゴルフの打ち方だけでなく、ゴルフクラブについてもいろいろアドバイスしてくれた。

Sシャフトの固いクラブを使っているものを、「もう少し柔らいシャフトにしてみれば?!」とアドバイスをもらった。

それだけではない。

ドライバー、5W(5番ウッド)、9W(9番ウッド)を私のゴルフバッグに忍ばせてくれた。

前回ゴルフ場で挨拶したけれど、ほとんど初対面なのに!

有難いことだ。

職場でこういう上司がいたら、さぞかしやり甲斐があって楽しいことだろう。

このクラブ、大切にしないと!

そして、思い切り使わせて頂こう。

さっそく自県に帰って練習場へ。

左から5W、ドライバー、7W

全てシャフトは「R」である(柔らかい)。

アラフィフになっても、ゴルフショップでは硬いSシャフトを勧められて買っている。

それに慣れているから不満もないが、Rシャフトだと力まず軽く振れる。

飛距離も含めて、いい感じで飛ぶ!

5Wがよく当たる

体力的にもこれで十分ではないか!

これまで硬いシャフトを勧められていたのは、在庫品を売るための「戦略」ではないかと思ってしまう。

「神対応」のようなおもてなしを受けたクラブなので、しっかりと練習しよう。

今回のゴルフは、2つの目標クリアには至らなかったが、とても有意義なゴルフラウンドであった。

やはり、ゴルフはおもしろすぎる!

-ゴルフ

© 2022 らいあんの独り言