ゴルフ

芝生の庭でゴルフ練習!

庭の木の剪定に引き続き、庭の芝刈りをしました。

ここ2週間は、栗拾いのために裏山の草刈りをして、先日は庭の木の剪定

その間、「芝刈り」が疎かに。

今年は、例年になく雨がよく降り芝生の手入れ(雑草対策と肥料)も我ながらよくやったので、芝生もよく育ち、よく広がりました。

芝生の色合いも濃く、まさに緑の絨毯です。

野菜もそうですが、愛情を込めて手入れをし、「声をかけてやる」とよく育つと言われています。

(人間の髪はどうなの?!)

芝生は11月から2月頃まで休眠期に入り、春から生育期となります。

生育期には、除草刈り込み(芝刈り)、水やりを適宜行います。

カレンダー的に言うと、以下のとおりです。

【休眠期が明ける2月末から3月初め頃

雑草取りや凹みなどを整える目土入れを行う

根が密集した地面に穴をあける(エアレーション)

施肥(肥料を与える)

【3月から10月の育成期】

4月から10月は、適宜水やり

5月から10月は適宜除草

5月から6月は、月に1〜2回刈り込み

6月に施肥

7月から8月は、月に2〜3回刈り込み

8月に施肥

9月から10月は、月に1〜2回刈り込み

こんな感じですが、なかなか思い通りにはいきません。

さて、今回の芝刈りですが、緑の絨毯を楽しませてもらったので、いつもより短めに刈りました。

ちょっと「野望」もありまして!

刈った芝生の山です。

刈った芝生の山
同じく芝生の山

5つの山ができました。

芝刈り後は、こんな感じです。

西から東
東から西
玄関前

思いきって、いつもより短めに刈りました。

芝刈りをしていると、ゴルフ場のグリーンの芝は凄いなと思います。

ゴルフ場のグリーンの正式名称は「パッティンググリーン」と言います。

パッティンググリーンに生えている芝は、平均約3mm~4.5mmの長さにカットされています。

どうやったら、あんなに薄くキレイに刈れるのだろう?

さすがに、今はそこまでやれる技術はありません。

でも、庭の一部はパッティンググリーンにしたい。

これが、私の「野望」です!

刈り込みが5mmに設定できる草刈り機を見つけました(3mmにカットできる物もあります)。

庭全体に芝が広がったら、芝刈り機を購入して庭にパッティンググリーンを造ろうと思います。

現時点では、アプローチの練習まで。

アプローチの練習(56度のウェッジ)

庭の端から玄関まで約100ヤード!

(ないない!)

※ 1ヤードは0.914メートル

15ヤードまでのアプローチの練習ができます。

構えた正面には窓ガラスがあります

シャンク(大きく右方向に飛び出す)したら窓ガラスが割れます。

小学生の頃、公園で野球をしていた時、近くの家にボールが当たり鬼の形相で叱られたことがあります。

ゴムのボールで窓ガラスが割れたわけでもないのに…。

ナイスホームラン!って言えんかね!

(メジャー大谷選手がんばれー)

失敗は許されない中で、緊張でガチガチにならないメンタル技術を鍛えたいと思います。

平常心で打てるように!

そして、パット練習ができるパッティンググリーンを造ります。

誰も見ていないところで努力することが大切ですからね。

芝生の庭は、やっぱり最高です!

-ゴルフ

© 2022 らいあんの独り言