庭・畑づくり 開運

土用の日

土用とは、

それぞれ季節の変わり目にあたり、次の季節への準備期間にするため

に考えられたものである。

季節が変わりゆく時期は、気温や湿度などの関係で「自律神経が乱れやすい」時期らしい。

土用の期間は、体調管理に気を付けましょうという目印であり、年4回、18日間ずつある。

その中でも、厳しい暑さへの注意が必要な夏土用が重要視されている。

ちなみに、今年(2022年)の夏土用は、

7月20日(水)~8月6日(土)

である。

夏土用で大事にしている干支は、「丑」(うし)の日である。

今年は、

7月23日(土)、8月4日(木)

「うし」にちなんで、「う」の付く食べ物黒い食べ物を食べると良いとされる。

うなぎ、うどん、瓜、梅干し等、どれも好きな食べ物だ。

ちなみに、土用の丑の日にうなぎを食べるよう広めたのは、うどん県(香川県)出身の平賀源内と言われている。

土用の丑の日には、うなぎうどんを頂くとしよう。

さて、健康管理に気を付けなければならない夏土用であるが、「避けた方がよい」こともある(らしい)。

建設工事など、土を動かすような事だ。

草抜き・草刈りも控えた方がいいとのことである。

昔から言い伝えられるものは、先人の経験に基づくものであり、素直に従ったほうがいい。

と言うことで、夏土用の期間が始まる前に、芝刈りをやっておこう。

芝刈り

20日までまだ日があるが、週末は雨予報だし、早めにやっておいた方が心が落ち着く。

8月6日までやらない(避けた方がいい)と思い、今回は相当刈り込んだ。

茶色の部分が目立つが、20日以上やらないので、ちょうどいいだろう。

開運行動のトイレ掃除断捨離をしていると、その他の開運術も自然と目にするようになる。

今回の夏土用期間中に「避けた方がいい」ことも、恥ずかしながら初めて知った。

何も知らないで、「やった方がいいこと」「やってはいけないこと」をスルーしていたと思うと、何だか損した気分だ。

「やった方がいい」ことをスルーしてもプラスマイナスゼロであるが、やってはいけないことをすると大きくマイナスになることがある。

(やってはいけない)行動や言葉でも、致命傷になることもある。

今回、それがわかったことだけでもラッキーだ。

これも、トイレ掃除と断捨離の効果であり、感謝すべきところである。

-庭・畑づくり, 開運

© 2022 らいあんの独り言