花・観葉植物 雑記

コスモス畑!

稲穂

これは⬆️私が住んでいる自治会の「田んぼ」である。

今年の8月上旬に撮影したものだ。

うどん県(香川県)は高松市を中心に、地域割りで東讃(とうさん)、中讃(ちゅうさん)、西讃(せいさん)がある。

私の住む東讃では、県内でも比較的早く「稲刈り」が行われる。

8月下旬には下記の写真⬇️のとおり、稲刈りは完了している。

米が二期作で作れるのならまた田植えをすればいいのだが、春の田植えシーズンまで、しばらく田んぼはそのままだ。

中には、ブロッコリー(?)等の野菜を作っている人もいるが、ほとんどの田んぼはお休みなのである。

現在の田んぼ⬇️のように。

現在の田んぼ

そんな田んぼであるが、車が通る真ん中の道沿いの片側に、なにやら花が咲いているのがお分かりいただけるだろうか?

薄紅の秋桜が秋の日の 何気ない日溜まりに揺れている

(山口百恵「秋桜」)

東→西(撮影)

秋桜である。

殺風景な田んぼに、「粋」なことをする人もいるものだ(笑)

たまに散歩をしている女性を見かけるが、おそらく山口百恵になって「秋桜」を口ずさんでいることだろう。

誰か一人が植えたのか?

それとも、米を作っている何人かが共同で植えたのか?

道路の片側だけに植えてあるので、ふとそんなどうでもいいことが頭に浮かんだ(笑)

西→東(同)

先日、うどん県で海を泳いで渡るイノシシ🐗が全国ニュースで流れたが、この辺りもイノシシが頻繁に出没する。

そのため、道路の両脇にはフェンスが設置されており、元々狭い道がさらに狭くなっている。

フェンス(写真左)

それも考えてのことか!?

他の地域では、田畑一面に「秋桜」が咲き誇り、ちょっとした観光スポットになっているところがある。

とても素敵なことであるが、生活道路としている付近住民にとっては、見物人の駐車車両が迷惑になることもある。

その点、こちらは遠慮がち(?)に植えてあるので、付近住民が迷惑を被ることなく楽しめる(笑)

もっとも、心に余裕がなければ、素通りしてしまうだろうが。

「花より団子🍡」の人もしかり(笑)

ほんと、誰が植えたのだろう?

同じ自治会(約30人)に、私ほどの優しい紳士がいただろうか?(笑)

こんな小春日よりの穏やかな日は あなたの優しさが染みてくる

(山口百恵「秋桜」)

この秋桜を植えた人(たち)の田んぼには、きっと美味しい稲穂(🍚)が実ることだろう!

-花・観葉植物, 雑記

© 2022 らいあんの独り言