日常 開運 雑記

縁起のいい珍客2

先日は、我が家の庭に縁起のいい亀🐢さんが訪れた。

縁起のいい珍客
もしもし亀よ亀さんよ🐢

さて、今回は?

こちらはアブラゼミ!

アブラゼミ

水やりをしていたら、家の壁に止まって鳴いていた。

クマゼミが大群で鳴いていたら、ちょっと暑苦しいけれど、こちらは涼しさを届けてくれる。

ありがとう

今回の縁起のいい珍客は、こちらのアブラゼミではない(笑)

窓枠(サッシ)の掃除をしようとしたら・・・

ヤモリだ!

ヤモリ

たまに、夜に見かけることはあるが、朝から見るのは初めてかも!

ちょっと掃除をするから、暑いけど外で遊んでおいで!

そう言うと、網戸にしがみついた。

可愛らしい手足が見える。

身体の大きさに比べて、この大きな手足がなんとも可愛らしい(笑)

暑くて、お外に出たくないのかな?

軽く気温30度を超えているから、その気持ちはわからないでもない。

掃除をするから、どこかで遊んでおいで!

そう声を掛けたら、ちょっと怒ったような顔?

「何か食わせろ!」の顔ではない(笑)

怒らせてごめん(笑)

ヤモリについて、簡単に説明しましょう。

ヤモリ

ヤモリは「家守」と書いて、縁起のいい爬虫類である

「守宮」「家宮」とも書く)

シロアリやゴキブリなどを食べてくれるので、家を守る生き物として親しまれている

家を守ってくれるだけでなく、開運や幸運の前兆として縁起のいい生き物として知られている

イモリとヤモリの区別がつかない人のために。

イモリは「井守」と書いて、井戸など水のある場所を守るような場所に住んでいる両生類

お腹が赤いのが特徴である

(見たことはない)

家の窓に張り付いているのは、まずヤモリである

ヤモリは、

幸運のシンボル

金運のシンボル

家の守り神

と言われている

以上のとおり、ヤモリはとても縁起のいい生き物である。

爬虫類が苦手な方もいるかもしれませんが、現れた時は「ギャー」と叫ばず、「ありがとうね」って言いましょう(笑)

-日常, 開運, 雑記

© 2022 らいあんの独り言