日常

バレンタインジャンボ宝くじ

昨日はバレンタインデー

アラフィフにもなると、気にならないわけではないが、さすがにドキドキするようなことはない。

学生時代ならば、男は誰しもドキドキそわそわしたものだ。

「何十個もらった」と自慢する友人がいたが、そいつに(貰った)数を聞かれたときは「100から先は数えていない」と答えていた。

(もちろん100個以上貰ったことはない)

たくさん貰えるのは嬉しいことだし、自慢かもしれないが、冷静に考えれば「本命から貰えるか」の方が大事なことである。

いくらたくさん貰っても、本命から貰えなければ寂しい

ましてや、本命が違う男子に渡していたなら、がっかり感は半端ない。

昔そんな経験をしたわけではないが、要は「数」ではないと言うことだ。

現代は、メディア等がバレンタインデーを特別な日として過剰に宣伝するが、アラフィフ世代にとっては、もっと「特別な日」であった

携帯電話が普及した今では、いつでもどこでも連絡を取ろうと思えば取れるが、一昔前は連絡を取るにも一苦労。

相手の自宅に電話を掛けるときは、「本人(相手)が出ますように」と祈りながらダイヤルを回したものだ。

(だいたいスリーコールで切る)

そんな時代だから、連絡やアプローチする機会も少なく、それゆえにバレンタインデーは特別な日だったのだ。

机の中にチョコレートが入っていたことはないが、ラブレターなら何度かある(自慢ではないけれど)。

そんな時代だったのだ。

もちろん、今も昔も人それぞれであるけれど。

学生時代の懐かしい思い出である。

さて、アラフィフになるとチョコレートよりお金(?)である。

(負け惜しみかよ)

2月2日から3月4日までバレンタインジャンボ宝くじを発売しているので、名前のとおりバレンタインデーに買ってきた。

今回は、バレンタインジャンボ宝くじのバラを10枚。

(1等・前後賞合わせて3億円)

バレンタインジャンボミニ宝くじのバラを10枚。

(1等・前後賞合わせて3000万円)

毎回買うときに思うのだが、この宝くじ売り場では「高額当選した」という幟(のぼり)がない。

宝くじ売り場

全国的には「1等がよく出る売り場」というものを聞くが、これは販売数に比例しているのだろうか?

それとも、パワースポットのような売り場があるのだろうか?

そうであるならば、高額当選した幟が出ている売り場で買うべきなんだろうけれど。

まあ、そんなに欲を出しても良いことはないので、この売り場で夢を買わせていただくことにしよう。

宝くじを買うと、抽選日までは当たったつもりでいるので気分が高揚する。

この期間はポジティブになれるので、色んなことにアグレッシブにチャレンジできる

3/11 抽選日=億万長者?

それだけでも宝くじを買う意義があるのだが、さらに当選すれば最高だ!

宝くじを当てる秘訣は、当たるまで買い続けること。

何をするにも「継続は力なり」である。

チョコレートより甘い考えかもしれないが、チョコっと期待する。

-日常

© 2022 らいあんの独り言