競馬

無敗の女王誕生に期待!

暮れの有馬記念まであと2週間になった。

毎年有馬記念が終わると、「今年も終わりだな」と哀愁を感じる。

一年を振り返って「いい事がなかった」と思う時はなおさらだ。

だからこそ、一年最後の「お祭り」で自分を鼓舞しなければならない。

「終わりよければすべてよし」で、もちろん馬券も当てる。

今年は強い3歳世代の馬が参戦するので、今から楽しみである。

その前に、今週は2歳のG1阪神ジュベナイルフィリーズ

2歳の牝馬(メス馬)のレースということもあり、はっきり言ってどの馬が(馬券圏内に)来るか分からない。

それでもキッチリ予想して、有馬記念の軍資金を確保しなければ!

先週のGⅠチャンピオンズカップは、ソダシから買って撃沈した。

大谷翔平選手の「二刀流」が流行後大賞になったことで、サイン馬券でソダシの芝・ダート二刀流に期待してしまった。

やはり、サイン馬券はほどほどに!にしなければならない(笑)

経験上、サイン馬券が見事にハマるのは大荒れの時だ。

有名なアメリカ同時多発テロ事件のあった年の有馬記念は、

馬連 48,650円

の大穴であった。

(1000円買って臨時ボーナスになりました)

ソダシはアイドルホースで、馬券の方も人気だったので、ここは迷わず「消し」だった。

まあ、負けたことをくよくよ後悔しても仕方がない。

今週当てればいいだけの事だ。

2歳戦なので各馬の力関係が分からず難しいが、今回は2連勝中の

ナミュール(クリスチャン・デムーロ騎手)

を本命にする。

連勝中の馬は、「負けるまで買い!」という格言がある。

来春のGⅠ桜花賞で「連勝中の無敗の馬」が出走すれば、競馬が盛り上がるし、JRA(日本中央競馬会)としても売上げがアップする。

何ごとも、Win-Winの相互関係が理想だ。

武豊騎手が乗るウォーターナビレラも3連勝中であるが、これまでのナミュールの2戦を見ると、こちらの方がスケールが大きい。

強い馬というのは「顔」がいいが、それに加えて人間と同じくオーラがある。

スターホースの誕生を期待して、大物感漂うナミュールから勝負する。

-競馬

© 2022 らいあんの独り言