島の魅力

私の生まれ故郷は、瀬戸内海北部の水島灘に浮かぶ「広島」です。

(香川県丸亀市広島町)

塩飽諸島の島の中では最大の面積を持ちます。

生まれてから中学までこの広島に住んでいました。

(高校からは本土で寮生活)

私が住んでいた頃は、「石の島」として栄えていましたが、現在島民は200人を切り、過疎の島まっしぐら

私が当時住んでいた家も、現在は「空き家」となっています。

周りの瀬戸内の島は、3年に1度開催される「瀬戸内国際芸術祭」で賑わっています。

広島は残念ながら「蚊帳の外」…。

高齢化が進み、世話人もいませんので。

生まれ故郷には、これまで何年かに1度しか渡っていませんでした。

平成3年から時間的に余裕ができ、「空き家対策」「釣り」をメインに数回「広島」に渡りました。

何もない島ですが、「都会にはないものがある」ことに気づきました。

一言で言えば、「癒しの島」です。

移住される方がいらっしゃればいいのですけれど!

島に渡ったときのブログ記事をぜひご覧くださいませ。

広島

© 2022 らいあんの独り言