パチンコ

餅は餅屋に聞け!

パチスロ歴の長い人は、今の規制のかかった新機種に物足りなさを感じていることでしょう。

昨年まであったミリオンゴッドやバジリスク絆、サラリーマン番長などの爆裂機の撤去は、寂しい限りです。

時代の流れですが、私が学生時代の平成初期には、何十万と出るパチンコ・パチスロもあったのですから、この状況にも慣れてくるのかもしれません。

そんなパチスロ機種の規制の中で、今も昔も現役バリバリの筆頭機種はジャグラーシリーズでしょう。

ペカッと光れば当たりの至極簡単なゲーム性にして、奥が深く、あのGOGO!ランプに魅せられ、病みつきになってしまう。

個人的には、昔から打っているにも関わらず、攻略できずに、いつもGOGO!ランプの電球が切れているのかと毎回思いますが…。

これまで、パチスロ雑誌はもちろん、最近ではYou Tubeでも攻略のヒントを勉強していますが、とにかく光らない😭

読者の皆さんの中にも私のような人がいるかもしれません。

でも、ここ最近は、ジャグラーでの勝率も上がってきました。

その要因は、餅は餅屋に聞け!

そうです。爆裂機全盛時代においても、ジャグラーを主に何十年も打っている達人に教えてもらうのが一番の攻略法なのです。

その先輩に聞いた立ち回りは、次のとおりです。

  • ジャグラーはバーがよく出るのが設定がよいとされるが、ビッグ先行台を狙え
  • 基本的に設定6はない。上限2000枚出れば勝ち逃げすべし。ただし、イベントデーで合算確率100前後の場合には設定6と思って閉店までブン回し
  • 当然のことであるが、ホールの癖を見抜け。ビッグ20,バー20前後から回収(飲まれる)に入る台がよくある。その店のやり方を知るのはイロハのイである
  • 朝一からの台の挙動にもよるが、基本的にはバーのあとは150回転ビッグの場合は450回転までで来なければ見切る
  • 500超えのハマりの後、単発またはジャグ連2回までの台は、粘らない
  • 合算確率も大切だが、バーの確率よりもビッグの確率を重視せよ

注)あくまで先輩の立ち回りです。効果は人によって違います。

さすがにジャグラーの達人、経験則で他にも自分なりの台選びと見切り方を習得しています。

戦果を聞くと、数千円でペカッ!、短時間で数万円勝ち逃げ、負ける時も数千円以内。

私のように、勝っても数千円、負けたら数万円ということはありません。

おそらく、3戦して2勝1敗くらいのペースで、負けても福沢諭吉さんには触っていないと思われます(笑)

その先輩に、一度いい台があるからおいで!と言われ、ビッグ1回分のコインとペカッた状態の台を譲ってもらいました。

設定の良さそうな台を、止めるからどうぞ!と譲ってもらったことはあっても、コイン付き&ペカッた状態の台を譲ってもらったのは、初めてのことです(感謝)。

ホールによって、設定の入れ方や数あるジャグラーシリーズのどのコーナーを出すかなど癖があるので、上記の攻略法が正しいかはわかりません。

ただし、闇雲に打つよりは、餅は餅屋に聞け!で勝っている人に教えを請うのが、勝利への近道です。

読者の皆さんの中で、ジャグラーに苦戦している人は、近くの達人に教えてもらってください。

餅は餅屋に聞け!ジャグラーの達人は近くにいる!

師匠の先輩は、同じ職場で約3ヶ月間お世話になりました。

優しく、また、楽しく付き合っていただきました。

そして色んな面で救われました。  

この場をお借りして、感謝申し上げます。

ありがとうございました。

皆さんもこんな師匠を見つけて、ジャグラー!ペカらせてください。

グッドラック!

-パチンコ

© 2022 らいあんの独り言