競馬

スプリンターズSはサイン馬券で!

秋のG1シリーズが開幕する。

今週のスプリンターズステークス(以下スプリンターズS)を皮切りに暮れの有馬記念までの約3か月間。

毎年思うことだが、この期間は長いようであっという間に過ぎる。

毎週楽しみがあるということは、精神衛生上、ありがたいことだ。

学生時代の三回生までは、明確な目的もなくダラダラした生活を送っていたが、競馬に関しては、G1レースの翌日には「週刊競馬ブック」を買って、次のG1レースの予想をしていた。

全くもって親不孝な生活をしていたが、幾つになっても「やりがい」や「目的」があるというのは良いことである。

ただ、競馬は馬券が外れるとストレスが溜まるけれど。

先週の神戸新聞杯は、ダービー馬のシャフリヤールを軽視したおかげで軍資金を稼げた。

この軍資金で有馬記念まで頑張ろう!

さて、秋のG1第一弾「スプリンターズS」

短距離G1のスプリンターズSと言えば

古くは、

ダイイチルビー

サクラバクシンオー

タイキシャトル

近年では、

ロードカナロア

レッドファルクス

といった絶対王者がいた。

今年のメンバー構成を見ると、絶対王者と言える馬は見当たらない。

どの馬が勝ってもおかしくない波乱含みのレースは、馬券の妙味はあるが予想が難解である。

こういう時は、まともに予想しても当たる気がしない。

いくら予想してもわからないときは、サイン馬券で勝負するか!

今は、時事ネタにビッグニュースがたくさんある。

個人的にはどうでもいい「自民党総裁決定(岸田文雄)」、エンタメでは「嵐メンバー(櫻井翔、相葉雅紀)のダブル結婚」。

でも、何と言っても一番は、秋篠宮眞子内親王殿下の御結婚だ。

競馬には、天皇賞(春・秋)があり、天覧競馬もある。

皇族と深い関わりがあるのだ。

遡ること2014年の第81回日本ダービー

この日は天覧競馬で、当時の皇太子殿下(現天皇陛下)も東京競馬場にご来場されていた。

勝ったのはワンアンドオンリー!

その鞍上は、横山典弘ジョッキー。

サインと言えるのか、単なる偶然か。

皇太子殿下(当時)、ワンアンドオンリー、横山典弘騎手の誕生日が同じ「2月23日」であった。

さらに遡ること1993年(平成5年)第107回天皇賞(春)

勝ったのは、絶対王者のメジロマックイーンを破ったライスシャワー

この年の6月9日、皇太子殿下(現天皇陛下)が雅子さま(現皇后陛下)と御結婚された。

京都競馬場で、ライスシャワーの単勝だけを握りしめていた。

単勝520円はおいしかった!

メジロマックイーン(社台スタリオンステーション)

ということで、サイン馬券の時事ネタとしては 秋篠宮眞子内親王殿下の御結婚が一番のニュースだ。

眞子内親王で何か思い浮かばないか。

サイン馬券は、有名なアメリカ同時多発テロ事件があった年の有馬記念のように、わかりやすいものがいい。

アメリカに関連するマンハッタンカフェとアメリカンボスの2頭でワンツー決着。

馬連48,650円。

サイン馬券は、後出しジャンケンで無理やりこじつけるものではなく、単純明快なものが当たる。

普通に予想するなら、昨年同レース3着のアウィルアウェイだが…。

絶対王者がいないから予想が難しく、サイン馬券で勝負すると決めたのだが、こちらも難しい。

レース直前までに、なにか閃いたらいいのだが。

予想は難しいけれど、「宝探し」は最高に楽しい!

スプリンターズSを当てよう!

スプリンターズS、皆さんは正攻法で予想されますか?

今回のレースは難解なので、サイン馬券で勝負します(笑)

秋のG1シリーズ第一弾、キッチリ当てましょう!

グッドラック!

-競馬

© 2022 らいあんの独り言