ゴルフ

マスターズゴルフ⛳

スコッティー・シェフラーがマスターズゴルフを制した。

通算10アンダー。

最終ホールはなかなかウイニングパットが決まらず…。

スタンディングオベーションのファンの声援がめちゃめちゃよかった。

2位と5打差あったのでよかった(笑)

ファンはいいなぁ~!

マスターズ明けで練習場も多い

コロナ禍で観客なしのプロスポーツがあったが、やはりファンがいるのといないとでは違う。

うどん県のJリーグサッカーが弱いのは、ファンが少ない(?)のも影響しているのだろう。

自分のことしか考えない奴が多すぎる中で、他人を心から応援する姿カッコいい

と言うか、他人を妬んだり陥れたりするより、応援するほうが自分の運気も上がるというものだ。

ディフェンディングチャンピオンの松山英樹は、2オーバーの14位タイ!

2日目までは良かったのだが…。

昨年は寝不足になりながら見て、優勝したときには感動した。

今回ニ連覇はできなかったが、あの場所に立って(プレイして)14位なんだから素晴らしい!

タイガー・ウッズも事故の怪我が完治していないなか、素晴らしいプレーを見せてくれた。

タイガー・ウッズも成績は振るわなかったが、そこに立っているだけで絵になる。

やはりゴルフ⛳はおもしろい!

そして、ファンも素晴らしい!

ゴルフ練習場

ふと思うのは、松山英樹石川遼の差があまりにも開いてしまったことだ。

石川遼が出てきたときは、日本男子に天才が現れたと思い、将来は海外メジャーもバンバン勝つかと思っていた。

あまりの人気でテレビ等に引っ張りだこになり、何となく「チャラチャラしている」ように感じたこともある。

そう思ったのは、同業者でもないのに、成功者や人気者に「嫉妬」していたのかもしれない。

石川遼は昨年12月、新型コロナウイルス感染症の隔離措置に違反したとして、ツアー1ヶ月の出場停止など厳重注意処分を受けた。

それにしても昨今の日本の世論の流れ、ほんとにめんどくさいというか、あまりにも厳しすぎないか?

とにかく、清廉潔白を求めすぎて、息苦しいというか気持ち悪い。

他人を応援することなく、あらを探して陥れることばかりが目立つ。

タイガー・ウッズは全盛期にスキャンダルに見舞われ、思い切りバッシングを受けた。

そんな中、タイガーを信じたスポンサーの「ナイキ」の話は有名だ。

スポンサーから外れることなく、復活を信じていたのだ。

いい時だけ近寄って来て、落ち目になればさっさと消えて、さらにバッシングするのはどうなのかな?

そんな奴らの方が、よっぼど人間味のないクズに見えるけど…。

マスターズゴルフでは、ファンがタイガーを温かく迎え、人一倍の声援を送っていた。

この光景が素晴らしくて、気分が良くなった。

昔、「ユダヤ人の知恵」について書いた本を読んだことがある。

罪を犯した女を、野次馬がラビ(教師)のところに連れて行き、どうなさいますか?と尋ねる。

ラビに尋ねるということは、その裏に人を切って捨てるやましさがある。

ラビに一言いわせて処分してもらえば、自分たちの追うべき荷物は軽くなる。

女に投げかけられた群衆の非難。

ラビは黙っている。

ラビが群衆を説得しようとしていたら、ラビと女に石の雨が降っていたであろう。

しつこく問い続ける群衆に向かって、ラビは「お前たちの中で罪のないものが、まず一番にこの女に石を投げなさい」と言って黙り込む。

静寂の中、一人去り、二人去り、気がついたときには、ラビと女だけを残して全員が姿を消していた。

今の日本なら、タイガー・ウッズは2度と浮かび上がれなかったことだろう。

もちろん、タイガーを応援している日本人はたくさんいるが。

間違いや迷惑をかけたことのない人間がどれだけいるというのだ。

それを考えると、「○○人」は実に心が狭い。

テメーのことしか考えていないのならまだしも、他人を陥れることに快感を覚えている…。

マスターズゴルフは、実に素晴らしい選手のプレーとファンの声援を見せてもらった。

今後も、松山英樹はもちろん、タイガー・ウッズ、石川遼にも素晴らしいプレーを見せてもらい。

いいものを見せてもらったので、ゴルフ⛳の練習をしよう!

目指せ300ヤード!

-ゴルフ

© 2022 らいあんの独り言