ゴルフ

ゴルフは生涯スポーツ!

先日、久しぶりにゴルフ⛳ラウンドしました。

何か月ぶりだろ?

その間のゴルフ練習

打ちっぱなし1回

ステイフォームで、週3〜5回パターマットで練習

くらいかな。

直近の10日間は「芝刈り」ではなく、「栗拾い」のために裏山の「草刈り」といったところです。

毎度のことですが、ゴルフラウンドの予定が入っていないと、練習する気持ちが湧きません。

今回は、さらに練習不足でゴルフラウンドするのに一抹の不安が…。

「仕上がっていない」

とは言うものの、芝刈り(🏌)は久しぶりなので、お誘いには二つ返事でOK!

今回、初めてとなる隣県(徳島県)のレオマ高原ゴルフ倶楽部でラウンドすることになりました。

当日、家から出る時にはパラパラ雨が降っていましたが、高速道路に入ると台風並みのどしゃ降り☔に。

これ、「ゴルフできんの?」と思いながら車を走らせていると、「トンネルを抜けるとそこは雪国だった」ではなく「快晴だった」。

一安心するなか、レオマ高原ゴルフ倶楽部に到着しました。

レオマ高原ゴルフ倶楽部

気温も30度を下回っていて暑くありません。

最高のゴルフ日和です。

今回ご一緒させていただくのは、四捨五入すると60歳になるゴルフの達人(以下「師匠」と呼ぶ)。

もう一人は、初対面の御年70歳の紳士

師匠は、平均スコア70~80前半。

私がこれまで一緒にラウンドした人の中で、一番ゴルフが上手い人(だから師匠)です。

70歳の紳士は、どれくらいで回るのだろう?

ハーフ2時間半くらいかな(笑)

ラウンドスタート!

このメンバーで、いざスタート!

スタートホール(レオマのマークがあります)

目標は二人に迷惑をかけないこと。

スコアは、前回100プラス消費税だったので、今回は100の5%OFFに設定!

朝一のティーショット(ドライバー)は、何回やっても緊張します。

「置きにいかず」、気持ちよくスイング。

フェアウェイキープとはいきませんでしたが、OBを免れたのでOK!

70歳の紳士は、前から(ゴールドティー)から打っているとはいえ、かなり飛ばしています。

この紳士のゴルフ、早送りで説明すると

飛距離充分、OBなし、アプローチもパッティングも上手い

ゴルフマナーを心得ている

70歳でゴルフをやっているだけあって、身体もシャープ

高速を飛ばして隣県のゴルフ場まで来るのだから、ゴルフ好きであることに間違いない

前半スコア40ちょっと

といった感じでした。

師匠が40で回った中、私一人50オーバー。

お先のパーパットを外したり、相変わらず3パットしたり…。

ゴルフに「歳は関係ない」…。

気を取り直して、昼食タイム!

豚カツ定食

この豚カツ定食は、最高に美味しかった。

ゴルフ場で食べたランチの中で、間違いなくこれが一番!

あまりにも美味しいランチに満足。

もう帰ってもいい。

そういうわけにはいきません。

後半戦、頑張らないと!

いざ、後半スタート!

後半戦スタートホール

長いミドル(11H:Regular447)がある。

打ち下ろしでワンオンを狙えるミドル(12H:Regular277)もある。

素晴らしいコースです。

師匠は、この短い12Hをスプーン(3W)で打って、あと数センチでワンオンというナイスショット!

ドライバーでなくて、スプーンでワンオンを狙うとは、どんだけ飛ばしますの!

そういうのを見せられると、毎回力んでしまう…。

案の定、今回も力が入ってミスショット。

その後も、上手な二人に挟まれて、一人砂遊びをしたり(バンカーからバンカー)、魚に餌をやったり(池ポチャ)…。

終わってみれば、52ー50の102

100の5パーセントOFFとはいきませんでしたが、楽しいゴルフラウンドでした。

ラウンド終えての反省

歳上のお二人に完敗のラウンドでした。

他のスポーツや仕事では、相手との駆け引きや足の引っ張り合いがありますが、ゴルフは誰にも邪魔されることなく自分との闘い

これがゴルフの素晴らしいところですが、今回改めて老若男女、努力すれば結果が付いてくる生涯スポーツであることを実感しました。

今回の失敗は「練習不足」と言いたいところですが、この言い訳こそが根本的に間違っていることに気付きました。

失敗した理由(言い訳)があることで、納得しているというか、安心しているというか…。

もっともらしい言い訳を並べて、全く反省していない。

70歳を超えてからも、新しいことにチャレンジしたり、資格を取得したりして活躍している人がいます。

凄いと思う反面、「今更なんでまた」と思う気持ちもありました。

何かの本に、「幾つで始めても、生まれ変わった時にそれが一歩前進している」というようなことが書かれていました。

それはさておき、アラフィフになって優しいクラブに買い換えようとか、昔ほどの飛距離は無理と勝手に決めていた自分にだ!

自分で簡単に限界を設定してはいけないということです。

何事も、もっともらしい言い訳で逃げてはいけません。

年齢は関係ない!

今回ご一緒させてもらった二人から、ゴルフに年齢は関係ないことを教わりました。

まだまだ飛距離アップも可能です。

次回ラウンド⛳に向けて、やれることは全てやって仕上げます!

-ゴルフ

© 2022 らいあんの独り言