パチンコ

ギャンブルの掛け持ち

年末が近づくにつれ、マイホールはとにかく締めている。

コロナ禍の影響とパチスロ新機種(新台6号機)不評の煽りを受けて、お客さんが激減し、経営が厳しいのは想像に難くない。

新台 Sアネモネ

それでいて例年並みの売上げを維持しようとするならば、徹底的に台を締め(低設定)、カモのお客さんから巻き上げなければならない。

ホール側としても、例年と同水準の「上納金」を、納めるところに納めなければならないだろうから。

常連さんの口から出るのは、負けた愚痴ばかりである。

それでもホールに通うのだから、根っからパチスロが好きなんだろう。

ある時、常連さんが

昨日、連れが40万勝った

というのでビックリしたが、よくよく聞けば「競艇(ボート)」の話であった。

パチスロの規制がかかる前なら「何十万勝った」という話を聞いても驚かないが、さすがに今のパチスロでそれだけ勝てる機種はない。

競艇はやらないのでよくわからないが、その常連さん曰く、「固いレースに大金をつぎ込む人」が多いそうだ。

その常連さんも、競艇をやっているとのことで

ここ(パチンコ屋)で何万も負けるなら、競艇をする方がええわ

と愚痴っているが、話しぶりから毎日パチンコ屋に通っているのは明らかである。

「ギャンブルの掛け持ち」は、どれだけお金がいるかわからない。

という私も、日曜日には競馬とパチスロを掛け持ちすることがある。

競馬の馬券はスマホで買えるので、競馬場に行く必要がないのだ。

パチスロと競馬の双方で勝てれば言うことないが、逆のケースがほとんどであることは言うまでもない。

一番やってはいけないことは、どちらかの負けを取り返そうと大きく勝負に出ることだ。

例えるなら、朝パチスロで負けた分を取り返そうと、競馬で大きく賭ける。

若しくは、競馬に負けて取り返そうと、メインレースの終わった夕方からパチスロを打ちに行くなど…。

ダブルパンチを喰らうことは目に見えているので、ここ最近、掛け持ちは極力避けている。

競馬は、今GⅠレースの真っ只中なので、日曜日の朝からパチスロをして負ければ、馬券を買うのに影響が出る。

間違いなく大穴を狙うか、本命を買い足すことになる。

日曜日の朝は、ゴロゴロ寝るか掃除をするのが一番だ。

昨日は、競馬のジャパンカップで本命のコントレイルが花道を飾った。

ガチガチの安い配当であったが、負けなければパチスロで取り返そうと思うこともない。

おかげで、競馬中継が終わったあとは、ゆっくり男子ゴルフ⛳のテレビ中継を見ることができた。

「ギャンブルをするならどれか一つに」と、ギャンブルをしない人は思うだろう。

(「一つもするな」かもしれないが)

でも実際は、いろいろ掛け持ちでやっている人が多い。

これについて、苦しい弁明を。

何事においても、「一つのことに集中しろ!」というものと、「色んなことにチャレンジしろ!」という相反する言葉がある。

ギャンブルの場合は、誰がみてもいろいろやった分、負けが込むと思うだろう。

「二兎を追う者は一兎をも得ず」(???)

の言葉どおりに。

いやいや、ちょっと待って!

競馬、パチスロ、競艇など、どれか一つに「専念」したら、とんでもなくハマってしまいますよ。

言い訳がましく聞こえるでしょうが、競馬だけやる人は、とことん競馬にのめり込み使う額も大きくなるのです。

パチスロだけの人は、毎日パチスロに行ってとことんつぎ込むのです。

お金を賭けているので、遊びという言葉は相応しくないかもしれませんが、掛け持ちしている人は、競馬や競艇は100円単位で軽く遊んでいる人が多いのです。

要するに、掛け持ちだからいいのです。

ギャンブルのどれか一つに専念したら、とことんハマってしまい、大きく負けることになるのです。

とても苦しい(言い訳)ですかね?!

ギャンブルをしない人からすれば、ギャンブルをいくつもやっている人は、「ろくなもんでない」と思われるかもしれませんが、そういう訳ですので、長い目で見てやってください。

ギャンブルにのめり込まないように!

掛け持ちして両方勝てば言うことありせん。

焼肉にデザートのケーキが付くかもしれません。

どちらも負けた日には、カップラーメンですけどね(笑)

-パチンコ

© 2022 らいあんの独り言