競馬 趣味編

富士ステークス展望🏇

先週のGⅠ秋華賞は、春のGⅠオークスの1~3着馬が独占。

着順が入れ替わっただけだった。

川田騎手騎乗のアートハウスは…。

「男気」「情」というものは嫌いでないが、勝負事に「情けは無用」だ。

それでも、そちらのほうに乗っかるほうがいい。

明らかに損をすると分かっていても、情で動いたほうが気分はいいし、後悔することもない(と思う)。

明日はGⅠ菊花賞が開催されるが、春の二冠(皐月賞・ダービー)の1着・2着馬が出てこない

昨今のスピード競馬重視で、今後も菊花賞には距離適性を考えて、春の実績馬が出てこなくなるかもしれない。

秋華賞とはえらい違いである。

さて、本日は東京競馬場で「富士ステークス」が開催される。

3歳GⅠのNHKマイルを勝ったダノンスコーピオンが人気であるが、古馬に混じって56キロはどうか!?

それならば、そのNHKマイルで本命にしたセリフォス(同4着)の方がおもしろい。

安田記念では、古馬に混じって4着と健闘している。

セリフォス本命で大丈夫だ。

相手は紅一点のスマートリアン

先週開催された牝馬同士の「府中牝馬ステークス」ではなく、牡馬(男馬)相手のこちらに出てきたのだから、自信があるのだろう

もちろん、距離適性を考慮して、今回のマイル戦(1600m)を狙った可能性もあるが。

(府中牝馬ステークスは1800m)

相手もう一頭は、ソウルラッシュ

前走の安田記念は大敗したが、それまでのマイル戦4連勝は見事だ。

この3頭から、いつもの「奇跡の馬券術」で勝負する。


初心者でも勝てる奇跡の馬券術: 万馬券を取る賢い馬券の買い方

菊花賞の「軍資金」をゲットしよう❕

皆さん、グッドラック❕


競馬でやってはいけない行動10選: やめれば全てが上手くいく

-競馬, 趣味編

© 2023 らいあんの独り言