競馬 趣味編

小倉記念予想

花壇にヤマユリの花が一輪咲いている。

ヤマユリ

植えた記憶はない。

茎を見ると、こんな綺麗な花を咲かせるとは思えない。

背が高く伸びる草かと思ったが、なぜだかわからないけれどそのままにしていた。

大正解である。

ヤマユリの花言葉は

威厳

純潔

飾らぬ美

人生の楽しみ

高貴な品性

などである。

さて、本日は、小倉競馬場で開催される「小倉記念」の予想をする。

お盆であるが、うどん県では猛暑が続いている。

また、コロナも猛威を振るっている…。

都会で働いている同級生等も、帰省しているのかわからない。

仮に帰省していても、この状況下で飲みに誘うのも気が引ける。

ここは大人しく、家で競馬を楽しむのが一番だ(笑)

考えてみれば、猛暑の中で毎週馬に騎乗している騎手に脱帽だ。

また、みんなが休日でのんびりしている時に、働いている人々に感謝である。

さて、小倉記念であるが、ハンデ戦で一昨年は三連単で100万馬券が飛び出している。

これは荒れるとしか思えないレースだ(笑)

思いきって穴を狙おう!

とは言っても、なかなか軸馬が見つからないのが現実である(笑)

過去データでは、せん馬(去勢された牡馬)が結構馬券になっている。

枠で言えば、3枠と8枠が好成績

ここは昨年同レース2着で、せん馬である

8枠のヒュミドール

本命にする。

相手は

3枠のタガノディアマンテ

1枠のアーデントリー

4枠のプリマヴィスタ

これで万馬券をゲットする。

皆さん、グッドラック❗

-競馬, 趣味編

© 2022 らいあんの独り言