日常 雑記

コロナへの警戒感

新型コロナウイルスの新規感染者が、うどん県でも一気に1000人を超えた。

昨日(7/27)は、過去最多の1354

緊急事態宣言発令中の頃でも、500人を超えることはなかったのに、凄い数字である。

そうは言いながら、全くもって警戒感はない。

一度感染した知り合いも、無症状だったのか「対策は無理」と言って、あっけらかんとしている

一応、マスクはしているが…。

スナック経営の同級生は、「会社関係のお客さんは全滅」と嘆きつつ、馴染みの常連さんで繋いでいるそうだ。

コロナで商売への影響は懸念しているが、コロナに対する警戒感は薄れているのが分かる。

そういう私も、以前のような警戒感はゼロ。

控えていた外食も、ゆっくりと解禁。

先日も美味しいお寿司🍣を食べてきた(笑)

お寿司を食べると、とても幸せな気分になれる!

そのお寿司屋さんであるが、感染者が1000人を超えようが、午前11時の開店からお客さんで賑わっている

最近の回転寿司はタブレットで注文し、電車のレール(?)でお寿司が運ばれてくる。

昔は、遠慮がちな人は店員に声掛けできず、注文をためらう光景が見られたが、今のシステムは画期的である。

そんなシステムが確立されている中で、コロナ感染者が1000人を超えても、店員さんは元気に声をかけてくれる(笑)

こちらも、コロナに対する警戒感はないようだ。

もちろん、不愛想でムスっとされるよりは断然いい。

さて、うどん県で行列のできるうどん屋の方は?

こちらも、お昼前から店は混雑している

警戒感はゼロ?

まあ、商売しているのだから、いいことだ(笑)

30度を超す猛暑なので、冷たい「ぶっかけうどん」を食べよう。

ぶっかけうどん(二玉)

冷たいぶっかけ2玉。

ボリューム満点。

サイドメニューの天ぷらも美味しそうだが、これだけあれば十分。

とは、いかない(笑)

「とり天」をひとつ。

とり天

セルフのうどん屋は、うどんを頼んでからサイドの天ぷらを選ぶところと、その逆のところがある。

こちらのお店は、天ぷらコーナーを通ってうどんを注文するシステム。

だから、うどんが出てきて「多い」と思っても、支払いが始まっている(笑)

うどん(の量)を見てからサイドメニューを取るところでは、取りすぎを回避できるのだが。

とは言っても、やっぱり天ぷらは美味しい(笑)

お腹がパンパンになったが、大満足である。

全く説得力はありませんが、皆さん、新型コロナウイルスにご注意ください。

-日常, 雑記

© 2022 らいあんの独り言