花・観葉植物

「紅葉狩り」ができる心の余裕を!

庭の紅葉

紅葉の季節です。

我家の庭と道路を挟んである紅葉(カエデ)も、赤く色づいてきました。

庭の紅葉
我が家の前にある紅葉

「紅葉狩り」という言葉がありますが、これは「野山に出かけて紅葉を楽しむこと」を言います。

「狩り」とあるので、紅葉の枝を折って持ち帰り、花瓶にでも生けるのかとずっと思っていました。

「野山に分け入って、季節の恵みを探し求める」ことを、広く狩りと呼びます。

「潮干狩り」「きのこ狩り」「ほたる狩り」などがそうです。

それでいうなら、野山に分け入ることなく、我が家から見る紅葉は「紅葉狩り」とは言わないのでしょうか?!

これについては、大した問題ではありません。

問題なのは、これまで家から間近に見える紅葉が、綺麗に色づいていることに気づかず、季節の移ろいを感じることができなかったこと。

「紅葉狩り」に出かけたことがないのはまだしも、間近にある紅葉をまともに見ることがなかった…。

毎年、仕事に追われ、人間関係にも疲れ、心に余裕がなかったのでしょう。

でも、今そう思えるということは、それだけ心が健康になったと言うことでしょう。

行楽地の「紅葉狩り」の様子がテレビで流れることがありますが、これに無関心な人や、「何を呑気に」と思う人は、ちょっと心が疲れているかもしれません。

「職場の人間関係」や「人混み」に疲れている人。

心に余裕がなく億劫に感じるかもしれませんが、そういう人こそ「紅葉狩り」に出かけてみてはいかがでしょうか?!

できれば、人込みのない孤島をめぐり、「紅葉狩り」を楽しむのがお勧めです。

私の「生まれ故郷の島(丸亀市広島町)」をPRしているわけではありません。

今年数回「島」に渡って、心が落ち着くと心底感じたからです。

孤島はどこも、過疎化と高齢化が進み、交通機関も脆弱で買い物をするところもほとんどありません。

あるのは、自然まったりとした時間

都会の喧騒につかれた人、一人になって自分探しをしたい人、何もない孤島だからこそ周囲の雑音もなく、心がリフレッシュでき、パワーも与えてくれます。

顔も見たくないと思うやつはいません。

忙しそうに早足で歩いている人を見て、焦るようなこともありません。

自分への陰口も聞こえません。

孤島に渡って、紅葉狩りをして、美味しいお弁当を食べて、(私は魚釣りをして)のんびり過ごす。

心身のリフレッシュに最高だと思います!

家で仕事の事を考えたり、嫌いなやつことが頭から離れない人。

ちょっとお出かけして、「紅葉狩り」を楽しみ、心身の疲れを癒しましょう!

-花・観葉植物

© 2022 らいあんの独り言