競馬

エリザベス女王杯はアカイトリノムスメ

今週はGⅠエリザベス女王杯

このエリザベス女王杯から暮れのホープフルステークスまで、8週連続GⅠが開催される。

毎週楽しみなことではあるが、馬券を買う者にとっては、予想に頭を悩ませる期間でもある。

「終わりよければすべてよし」と言うが、何ごとも最初に躓くと、心理的に焦りが生じ、「勇気」ではなく「無謀」になってしまう。

負けがこむと、取り返そうとして、ガチガチ人気の「大口馬券」を買うか、大穴を狙って無謀な勝負をすることになる。

だから、初っ端のエリザベス女王杯をきっちり当てなければならない。

これからジャパンカップや暮れの有馬記念など、注目のレースが控えてい中で、これらを楽しむためにもここは重要である。

エリザベス女王杯は、牝馬(メス馬)の頂上決定戦である。

とはいえ、超一流牝馬は古馬(4歳以上)になると

アーモンドアイ

(2019、2020年秋の天皇賞優勝、2020年ジャパンカップ優勝)

(3歳時の2018年ジャパンカップ優勝)

リスグラシュー

(2019年有馬記念優勝)

クロノジェネシス(現役)

(2020年有馬記念優勝)

のように、牡馬(オス馬)を相手にビッグレースで優勝している。

要するに、牝馬の頂上決定戦とはいえ、強さが未知数の「3歳馬」は別として、古馬の「超一流牝馬」は出走しない。

それゆえ、古馬の牝馬は「どの馬が馬券圏内に飛んできてもおかしくない」と言うことだ。

と言うことで、本命◎はアカイトリノムスメ

秋華賞で本命にしてお世話になった馬だ。

歴代秋華賞馬は超一流馬がずらり!

未知数の3歳馬であるが、今年の3歳世代は強い。

相手筆頭は、今秋も絶好調のクリストフ・ルメール騎手のレイパパレ

ただ、先に述べたとおり、古馬は横一線。

アカイトリノムスメとレイパパレの一点勝負ではなく、アカイトリノムスメから手広く流したいと思う。

同じ3歳馬のステラリア、4歳馬ではシャムロックヒルあたりを狙ってみる。

本命はアカイトリノムスメ!

どこの世界でも「女性」が強くなった。

社会が求める女性進出の弊害で、「〇〇都議」のような厚かましくて、とんでもない者もいるが…。

サラブレッドの牝馬は、健気に頑張っている。

-競馬

© 2022 らいあんの独り言