パチンコ

ジャグラーは人間の心理をよく付いている

昨今、パチスロの新台がサッパリなので、パチスロを止めたジャグラーに転向したかに分かれるだろう。

私は後者であるが、さすがに朝一から並んで打とうとは思わないし、毎日打ちたいとも思わない。

「それなら止めたら」と思うだろうが、寒くなると好きなゴルフ⛳もやる気がしない。

プロの世界だと、ゴルフも野球も冬はオフシーズン

寒いとケガをする可能性も高くなるので、いいシステムだと思う。

これがパチスロをする理由にはならないが、寒い時はゴルフの練習に行こうと思っても、ついついホールに入ってしまう。

それほど、打ちたい台があるわけでもないのに…。

4号機が全盛期の頃は、毎日でも打ちたいと思ったものだが、今はそんな機種がないので「依存症」になる人は減っているのでないかと思う。

ただし、4号機〜5号機の爆裂機の時代にもジャグラーを専門で打っていた人は、今でも「依存症」に注意してもらいたい。

ジャグラーのGOGO!ランプは、中毒になるおもしろさと美しさがあるので。

まして、「ジャグ連」(ボーナス後100ゲーム以内にペカる)が続けば、これほど楽しいものはない。

体感的には、ボーナス後の約8割は単発で「出たコインは飲まれる」というイメージであるが、ジャグ連があるからおもしろい。

反面、ジャグ連があるから、ビッグが当たった後、約300枚のコインをすぐに交換できないのであるが…。

ギャンブラーの心理をよく付いている「名機」としか言いようがない。

ジャグラー「あるある」

せっかくジャグ連してもバケ(レギュラーボーナス)の割合が高い

あと一回ビッグがくれば「下皿からドル箱に移せるという時にハマる

このGOGO!がビッグだったらチャラ(プラマイゼロ)という時にバケが来る

ジャグ連がバケばかりで、後味が悪く「ビッグをつけるまでやめられない」と思って打つと大ハマリ

バケがよく出てる台で「高設定」と思って打つと、終日バケ先行のままで大負け

といった経験をした人が多いと思う。

ジャグラーを開発した人は天才である。

本当に「人間の心理」をよく考えて作られている。

これにプラスして、ホール側もお客さんの心理を上手く付いて「設定変更」等をするので、ジャグラーを攻略するのは本当に難しい。

それでも、名機ジャグラーとホールの裏をかけば、おのずと攻略するヒントが見えてくる。

例えば、ジャグ連が5連したのにバケが4回といった場合は、悔しいけれど、このジャグ連で止める。

下皿モミモミが続いてドル箱に移せないフラストレーションが溜まる台は、粘らず下皿一杯のところで止める。

「たられば」で、あの時止めていたらを思うことはよくある。

その教訓と、人間の心理を上手く付いたジャグラーの癖を見極めることが、ジャグラーで勝つ近道ではないかと思う。

人間の心理を付いたジャグラーの裏をかこう!

大ハマリの後にジャグ連9連チャン(ビッグ2・バケ7)。

ある時は、バケ先行台でジャグ連8連チャン(ビッグ2・バケ6)。

これだけジャグ連が来るだけでも有難いと思って、全部飲まれる前に止めた方が正解です(履歴確認するとどちらも急降下)。

グッドラック!

-パチンコ

© 2022 らいあんの独り言