競馬 趣味編

オークス予想!

ラベンダー

ラベンダーが満開で、いい香りを漂わせている。

本日は東京競馬場で牝馬クラシックの「オークス」が開催される。

今年の桜花賞は混戦だったので、予想がめちゃめちゃ難しい。

こんな時は、競馬新聞やユーチューブを片っ端から見ることになる。

そしてまた悩む…。

昨日までは、サークルオブライフナミュールでいいかと思っていたが、桜花賞を使っていない別路線組が気になり出した。

その筆頭がアートハウス。

桜花賞をスターズオンアースで優勝した川田騎手が、このアートハウスに乗るからややこしい。

川田騎手は、桜花賞前から「オークスはアートハウスに騎乗する」ことが決まっていたようであるが。

牝馬クラシックの桜花賞とオークスを別の馬で優勝したのは、これまでの長い競馬史で2例しかない。

直近と言っても古い話であるが、福永騎手が桜花賞をラインクラフトで優勝し、オークスをシーザリオで優勝した2005年に遡る。

この年、桜花賞を勝ったラインクラフトは、オークスには向かわずNHKマイルカップに回り、福永騎手で優勝している。

この時は、誰しもウインウイン丸く収まっている。

距離適性等もあるが、ラインクラフトがオークスに出ていたら、これまたややこしくなっていただろう。

馬主、厩舎、騎手の間の人間関係が…。

今回の川田騎手はいかに。

何事も結果論で語られるものだが、川田騎手が「アートハウスで優勝」すればイメージは良くない(気がする)。

逆に、スターズオンアースが優勝すれば、「桜花賞馬を捨てて情に走った甘ちゃん」と叩かれるかもしれない。

個人的には、後者の方が人間味があっていいと思うが。

さて、そんなこんなで今回は「勝って欲しいと思う馬」から買うことにしよう。

別路線組ではなく、桜花賞組だ。

軸が決められないが、順番的には

パーソナルハイ

サークルオブライフ

ナミュール

の3頭を軸に、スターズオンアースウォーターナビレラを抑える。

別路線組は「3着争い」とみて、三連系で二枠のアートハウスルージュエヴァイユ

日本ダービー1週間前。

本日のオークスは、気持ちよく本線で当てたいものである。

ラベンダー

ランキングに参加しています。

ポチッと押していただければ幸いです。

-競馬, 趣味編

© 2022 らいあんの独り言